fbpx

Zホールディングスの3Q業績、ZOZOなどでECが大幅増、プレミアム広告も好調

会員限定記事

アバター
iAIbot
主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースを自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。

Zホールディングス株式会社が5日に発表した2020年3月期 第3四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年12月31日)は、売上収益7596億1400万円(前年同期比7.4%)、営業利益1235億4200万円(3.2%)、税引前利益1160億1100万円(5.2%)、親会社株主に帰属する四半期純利益750億5600万円(7.0%)となりました(決算短信)。

売上収益は、7,596億円と前年同四半期と比べて520億円増加(7.4%増)しました。これは、主に2019年11月に(株)ZOZOを連結子会社化したことや、アスクルグループの売上収益が増加したこと、広告売上収益が増加したこと等によるものです。

コマース事業では、2019年11月にZOZOを連結子会社化したことや、アスクルグループにおける売上収益、「Yahoo!ショッピング」における広告売上収益、一休における売上収益が増加したこと等により、コマース事業の売上収益は前年同期比で増加しました。また、eコマース取扱高は、前年同期比で9.9%増の1兆5,362億円となりました。以上の結果、当第3四半期連結累計期間におけるコマース事業の売上収益は5,327億円、営業利益は632億円、全売上収益に占める割合は70.1%となりました。

メディア事業では、プレミアム広告の売上収益が、営業施策の効果により増加したこと等に伴い、広告関連売上収益は前年同期比で増加しました。以上の結果、当第3四半期連結累計期間のメディア事業の売上収益は2,254億円、営業利益は1,114億円となり、全売上収益に占める割合は29.7%となりました。

今期の通期業績予想は、売上収益1兆400億円(前年同期比8.9%)、営業利益1500億円(6.7%)、純利益770億~800億円(▲2.1%~1.7%)としています。

※本記事は決算AIによって生成されました

関連記事

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,123フォロワーフォロー

最新ニュース

お知らせ

メディア業界求人

編集【総合自動車ニュースメディア】※アルバイト

仕事内容 総合自動車ニュースメディア「レスポ...

Web広告営業(プロデューサー候補)

仕事内容 まずは当社が運営する各メディアのビ...