fbpx

アプリ内広告のCPIは大幅に下落、Liftoffの調査結果

モバイルアプリのマーケティングとリターゲティングプラットフォームのLiftoffは、「モバイル広告クリエイティブ・インデックス~2020年パフォーマンスの傾向と指標」を発表、アプリ内広告で使用されるクリエイティブフォーマットの分析を行いました。

アプリ内広告のCPIは昨年に比べ大幅に下落

調査結果によればCPI(Cost per install/アプリのインストールに要する費用)、インタースティシャルは昨年の$3.37から2.6%低下、ネイティブは 22.6%も低下するなど、すべての広告フォーマットにおいて、昨年に比べ大幅に低下する結果になり、アプリのカテゴリーによってはさらに安価な広告が可能になります。たとえば、ソーシャルアプリの場合、ボード全体の広告フォーマットコストは1/3にまで抑えることができています。

一方、エンゲージメントの価値と有効性は広告フォーマットによって異なっており、バナーはユーザー獲得において低コスト高エンゲージメント率で、ネイティブやインタースティシャルが追う形となっています。 対して、動画は中間ファネルのインプレッションが低く、高額にも関わらずエンゲージメント率が低いことが判りました。

しかし、動画はアプリ内購入などの深層ファネルで効果を発揮するため、低コストで最高のコンバージョンが期待できるとしています。

 プラットフォーム別広告コストは、Android がお得でも、最終的にiOS に軍配

バナーは両プラットフォームでも最も安価な広告ですが、AndroidのインストールコストはiOSの3.84ドルに対し、1.26ドルとなっているなど、各広告フォーマットにおいて、AndroidとiOS間で広告コストが大きく異なることが分かりました。Androidがどの広告フォーマットでも低コストで高い登録率の一方、iOSは高コストで低エンゲージメント率となりました。このような差はありますが、iOSのネイティブが最も効果的で、最小コスト($43.72)で最高エンゲージメント率 (9.9%) を実現したため、「購入額」を考慮する必要があります。一方、Androidでは費用対効果の高い動画広告が有効で、Android はiOSよりも 54.5% 安く抑えつつも、同様のコンバージョン率となりました。

アジアが成熟マーケットに

地域別のCPIで見ると、EMEA(ヨーロッパ&中東)で全広告フォーマットでコスト増の動きがみられ、北米に次いで第2位という結果になりました。対照的にラテンアメリカはわずかに動いているものの、非常に安いコストで獲得ができることが分かります。

調査方法

このレポートは、2018年11月1日から2019年10月21日までの社内データを使用し、モバイルアプリ1,395件の3,350億以上のインプレッション、48億6,000万回のクリック数、1億8900万回のインストール数、2億4500万回の初回イベント数を分析。バナー、インタースティシャル、ネイティブ、ビデオの4つの広告クリエイティブフォーマットのコストとコンバージョン率も追跡し、デート、ゲーム、金融、ショッピング、旅行、ユーティリティなどのさまざまなアプリカテゴリと、北米、アジア太平洋、EMEAおよびラテンアメリカの地域を対象にしています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,128フォロワーフォロー

最新ニュース

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事