Teads、広告主のソーシャルキャンペーン強化フォーマット「INREAD SOCIAL」を発表

グローバルメディアプラットフォームのTeads(ティーズ)は、ソーシャルメディアキャンペーンでのクリエイティブ素材をそのままTeadsのプレミアムパブリッシャーに配信が可能な新フォーマットinRead Social(インリードソーシャル)を発表しました。ブランド(広告主)のソーシャルメディアクリエイティブをより効果的で大規模に、そして円滑に配信ができるように設計されています。

2011年に南フランスのモンペリエで生まれたTeadsは、記事・コンテンツ内に動画広告を配信する開発者で、世界26カ国で展開し、日本には2014年に上陸しました。日本国内では300以上のプレミアム媒体とパートナーシップを組み、月間10億インプレッション規模のネットワークを構築しています。

inRead Socialのbeta版にあたる試験運用が昨年、グローバルで行われ、世界中の125のトップブランドの動画広告がこのフォーマットでキャンペーン実装され、以下のような結果を得たとしています。

  • beta版のinRead Socialキャンペーンの平均視聴時間(in-view time)は8秒(MOATによるデータ)
  • FacebookまたはInstagramと比較すると、約4倍の視聴率をマーク
  • 1ビューあたりの視聴完了単価が抑えられ、一部の例では最大70%のコスト削減ができたというフィードバックを得た

Teadsがは、世界有数のプレミアムパブリッシャーの編集記事やコンテンツをユーザーが積極的に読み進める環境で配信されていることから、Teadsのフォーマットが編集記事の中に掲載されることでソーシャルフィードとは対照的に、スクロールが緩徐であり、視聴されやすいことが特徴です。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,430フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事