国境なき記者団、『マインクラフト』で検閲に対抗する図書館を開設・・・「殆どの国でゲームは規制されてない」

ジャーナリストらでつくる非営利団体、国境なき記者団(Reporters without borders)は、3月12日の「サイバー検閲に反対する世界の日」に合わせて「The Uncensored Library」をゲーム『マインクラフト』の中に開設しました

国境なき記者団は、世界の多くの国でウェブサイト、ソーシャルメディア、ブログが検閲されていて、不利な情報へのアクセスを遮断しながら、与党メディアに対する政府の意図的なリークによって世論が作られていると指摘。

その一方で、ほとんどの場合、ゲームへのアクセスは禁じられていない、として、政府によって出版が禁じられた本を『マインクラフト』の中に作った図書館で公開するという取り組みをスタートしました。現時点で、サウジアラビア、ロシア、ベトナム、メキシコ、エジプトの5人のジャーナリストの5冊が公開されています。サウジアラビアから逃れ、ワシントンポストのコラムニストとして活躍したものの、大使館で暗殺されたという衝撃的な最後を遂げたジャマル・カショギ氏も含まれます。

「多くの国では情報への自由なアクセスがありません。ウェブサイトはブロックされ、独立系の新聞社は禁止され、報道は国によって制御されています。若い人々は自分たちの考えを持つことなく成長していきます。『マインクラフト』という世界で最も有名なゲームを活用することで、独立した情報へのアクセスを提供しようとしています」と国境なき記者団ドイツ代表のChristian Mihr氏は述べています。

「The Uncensored Library」は『マインクラフト』の建設で世界的に著名なBlockWorksとの協力で建設され、3ヶ月間の期間、1億2500万ブロックを使用、建設には16カ国で24人が参加し、デザインだけでも250時間を要したそうです。広さは幅300メートルの規模になっているそうです。

BlockWorksのJames Delaney氏は「The Uncensored Libraryは『マインクラフト』の大胆な使い方です。この取り組みはこのゲームやコミュニティの素晴らしい部分を全て体現しています」とコメントしています。

図書館のデザインは古代ローマやギリシャを彷彿とさせる新古典主義の建設様式で、世界中の美術館、ギャラリー、図書館などでよく使われています。この建設様式で、知識の自由と、抑圧的な政府や政策に対する真実の力を表すことを目指したとしています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,400フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事