ラクスル、ペットメディアのPECOに投資

ラスクル株式会社は、ペットメディアを運営する株式会社PECOに投資を行ったと発表しました。同社はテレビCMサービスを通じて複数の企業に対して事業支援を行っていますが、それらの会社に対して今後投資も含めて支援をしていく考えです。同時にネット型のクリーニングサービス「リネット」を運営する株式会社ホワイトプラスにも投資を行っています。

PECOは2014年設立で、代表の岡崎純氏は東京工業大学大学院を卒業後にDeNAに入社。その後、PECOを創業しました。主力のペットメディア「PECO」は月間1000万人が利用する日本最大級のペットメディアとなっています。2016年に、ゲーム会社のアカツキから調達した事を明らかにしています。

同社ではペットに嬉しいアイテムが毎月届くギフトボックスサービス「PECOBOX」を展開していて、このテレビCMでラスクルの支援を受けているとのこと。同社は以下のようにコメントしています。

ギフトBOXサービス事業のグロースフェーズにおいて、テレビCMのトライアルを実施し効果測定を行いました。今まではトライアルの最小ロットが高額で躊躇していましたが、ラクスルさんに相談したところ少額でスタートすることができました。そのため、何回かテストでテレビCMを打ち、改善を重ねた上でスケールアップすることができました。

ラスクルのテレビCMサービスは、テレビCMの制作、放送、分析まで一気通貫で提供するもので、特に同社がこれまで約50億円を透過してきたマーケティングノウハウを提供し、分かりにくかったテレビCMの効果を科学的アプローチで解明し成長に繋げていくというのが特徴だということです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,425フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事