朝日新聞デジタル、緊急事態宣言発令をうけて原則無料で記事を公開

朝日新聞デジタルは、緊急事態宣言発令をうけて、一部コンテンツを除き、原則無料で掲載している記事を公開すると発表しました。

無料公開の利用には、朝日新聞デジタル無料会員サービスへの登録が必要です。利用期間は、2020年4月7日より当面の間を予定。なお、紙面ビューアー、スクラップ機能などは有料会員(フルプラン)限定の機能となります。

朝日新聞デジタルでは、新型コロナウイルスに関する特集ページを掲載している他、タイムラインでの政府対応などの速報配信、専門家の見解や市民の声を掲載。最新の確実な情報をいち早くチェックできるように、ニュースを24時間体制で配信しています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,425フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事