fbpx

電通テック、三栄と共同で中国SNSにおける公式アカウントを開設・運営開始

株式会社電通テックと株式会社三栄が共同で、三栄が発行する雑誌「option」など各種チューニングカーメディアの中国SNSにおける公式アカウントを創設・運営を開始したことを発表しました。

今回開設する公式アカウントは、「微信(WeChat)」、微博(Weibo)」、「抖音(TikTok)」など。同社グループ会社である電通太科(上海)文化伝播有限公司と連携してコンテンツが配信されます。

日系企業の中国自動車アフターマーケット進出を支援

中国では自家用車の保有台数が2億台を突破し、自動車改造市場(カスタム、チューニング、ドレスアップ等)も拡大・成長を続けており、自動車改造に関する情報のニーズが高まっています。

このニーズを捉えるため、同社は中国のSNSプラットフォーマーをはじめとするマーケティングチャネル関係各社との連携やユーザーとのコミュニケーション設計・構築を支援し、三栄は日本の自動車関連メーカーなど中国でのビジネス拡大をはかる企業各社との連携および日系企業の中国進出を支援するとしています。

カスタムカーライフ特化型の唯一無二のマルチチャンネルネットワークを目指す

電通テックは、三栄が手掛ける世界最大級のカスタムカーイベント「東京オートサロン」の特別取材情報をはじめ、同社が保有する記事や動画など各種コンテンツをローカライズして配信。また、自動車関連メーカーに向けては、本公式アカウントを活用した広告およびECなどのオンライン施策と店舗などのオフライン施策を融合したブランド体験や購買行動の設計、収益化支援を行っていくとしています。

同社は、今後も中国SNSを起点としたOMO(Online Merges with Offline)ソリューションの開発・拡販を推進し、提供サービスを強化していくとのことです。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

ニュースに支払うプラットフォーム、慈雨ではなく新たな利権に過ぎない【Media Innovation Newsletter】2/28号

本誌でも再三お伝えしているように、オーストラリアで議論されていたプラットフォーマー(グーグルとフェイスブック)に対して、ニュース利用に対する対価の支払いについて交渉を義務付け、仲裁の仕組みも導入した「ニュースメディア交渉法」(News Media Barganing Code)が修正の上で可決される見通しとなりました。

お知らせ

関連記事