fbpx

エブリーの2019年6月期業績、純損失は約24億円

動画メディアを運営する株式会社エブリーが官報で第4期の決算公告を掲載しています。

それによれば、当期純損失は24億0785万円だったそうです。また、減資して資本金を5000万円とすることも明らかにしています。

エブリーはヤフーやグリーに勤めた吉田大成氏が2015年に起業。動画メディアで料理レシピを提供する「DELISH KITCHEN」を筆頭に、「MAMADAYS」「KALOS」「TIMELINE」などのメディアを運営しています。

これまで100億円以上を調達してきたと見られ、主な投資家には伊藤忠食品、伊藤忠商事、KDDI、WiL、GMOベンチャーパートナーズ、Ad Hack Ventures、DCM Venturesなどがあります。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

ワシントン・ポストはなぜ復活できたのか、伝説の編集長の引退【Media Innovation Newsletter】3/7号

今やデジタルのサブスクリプションで300万人の会員を抱え、ニューヨーク・タイムズに次ぐ成功例と目されているワシントン・ポスト。しかし2000年代以降かつての輝きは失われ、数度の希望退職も募られました。

お知らせ

Manabu Tsuchimoto
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事