fbpx

Instagramストーリーズで料理を飲食店から注文できる機能を導入

Instagramは、新型コロナウイルスの影響が広がっていることを受けてアップデートを行い、お気に入りの飲食店から料理を注文できる機能の導入を日本でも開始しました。

新たな機能により、ユーザーはスタンプやアクションボタンを通じて料理をお気に入りの飲食店から注文することができます。飲食店は、Instagramストーリーズの投稿で「料理を注文」スタンプを使ったり、プロフィールにアクションボタンを追加することが可能です。飲食店が設定したプラットフォームのページには、ユーザーがスタンプやアクションボタンをタップしたことが表示され、注文が完了します。

この機能は、4月中旬に新型コロナウイルスの影響を受けている中小ビジネスを支援する取り組みの一環として、米国とカナダで先行導入を実施。日本では、数日前より順次展開をスタートしました。ビジネスプロフィールを利用しているアカウント(ビジネスアカウント)で、国内のパートナーであるUber Eatsの加盟店であれば無料で利用できます。スタンプの利用やアクションボタンの設定、Instagramアカウントの開設、ビジネスアカウントの設定も無料となっています。

利用時は、スタンプトレーをストーリーズの投稿画面で表示後、「料理を注文」スタンプを選択します。なお、初回利用時は [スタンプを設定] 画面が表示されます。パートナーを選択して自店舗のリンク(URL)を追加し、アクションボタンをプロフィールに追加したい場合は設定をONにします。スタンプは、アクションボタンを追加していない場合もリンクを設定していれば利用できます。

お気に入りの飲食店をサポートしたいユーザーは、自分のアカウントで「料理を注文」スタンプをシェアし、友達に情報を広めることが可能です。ストーリーズ投稿の右下に表示される紙飛行機アイコンをタップすると、自分の投稿でも「料理を注文」スタンプをシェアできます。

Instagramでは、無料でビジネスアカウントを開設して情報を発信したり、ショッピング機能などのツールを利用することが可能です。外出自粛による影響を受けている飲食店が増えていますが、今回のアップデートによってInstagram上で料理の注文をすることができるようになります。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

ニュースに支払うプラットフォーム、慈雨ではなく新たな利権に過ぎない【Media Innovation Newsletter】2/28号

本誌でも再三お伝えしているように、オーストラリアで議論されていたプラットフォーマー(グーグルとフェイスブック)に対して、ニュース利用に対する対価の支払いについて交渉を義務付け、仲裁の仕組みも導入した「ニュースメディア交渉法」(News Media Barganing Code)が修正の上で可決される見通しとなりました。

お知らせ

関連記事