【特集】月間200億PVの「Yahoo!ニュース」新型コロナウイルスの危機時に取り組んだものは?

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が続いています。日本でも全国に非常事態宣言が発令される事態となりました。このような環境下でメディアやプラットフォームに何ができるでしょうか? MIの4月特集は「新型コロナウイルス感染拡大、メディアやプラットフォームが果たすべき使命は?」と題してレポートや当事者インタビューを通じて考えていきたいと思います。4月27日にはイベントも開催します

ヤフー株式会社が運営する「Yahoo!ニュース」は月間のトラフィックが200億PVを記録する日本最大のニュースプラットフォームです。多くのユーザーが日々の情報収集の最初の入口として利用し、その存在は年々大きくなっています。

新型コロナウイルス(Covid-19)の危機においても、いち早く特設サイトをオープンし、ユーザーへの適切な情報発信に力を注いできました(NewsHACKにて取り組みが解説されている)。「Yahoo!ニュース」はこうした非常時にどのような考えで、メディアを運営しているのか、同社 メディア統括本部 スタートページ ユニットマネージャーの小林貴樹氏に聞きました。

メディア統括本部 スタートページ ユニットマネージャー 小林 貴樹(こばやし たかき)氏

―――ニュースプラットフォームとして「ヤフーニュース」の役割をどのように捉えていますか? また、こういう危機モードの際に重視している点はどういったことでしょうか?

Yahoo!ニュースは、非常に多くのユーザーにお使いいただいており、トラフィック月間200億PVを記録するニュースプラットフォームであり、ユーザーの課題解決と行動につながるニュースを伝えることを目指しています。特に、台風や地震といった災害時、危機モードの際には、ユーザーのニュースへの関心は平常時に比べて高く、ストレートニュースだけに限らず、日々の生活を助けるような解説記事などもYahoo!ニュース トピックスとして届けるようにしています。そして、生命や財産にかかわるようなニュースであれば、プッシュ通知を使っていち早く届けるように努めています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,463フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Manabu Tsuchimoto
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事