Branding Engineerが東証マザーズ上場承認、エンジニア関連やメディア事業・・・想定時価総額22.5億円

エンジニア関連事業や、メディア事業を手掛ける、株式会社Branding Engineerが東証マザーズに上場することが承認されました。上場日は7月7日。想定発行価格440円から試算した上場時時価総額は22.5億。公募により約1億円を調達する予定で、本社移転、広告宣伝、エンジニア採用に充当するとしています。(一の部)

同社は2013年に設立され、SES事業や人材派遣を行う「Midworks事業」、エンジニアやビジネスパーソン向けの「メディア事業」が主軸。ほか、受託開発やコンサルティングの「FCS事業」、転職支援サービスやプログラミング事業なども手掛けています。

2019年8月期の通期は、売上高28億1976万円、営業利益1億4345万円、経常利益1億4324万円、純利益1億0982万円でした。また、進行期の第2四半期まで(9月1日~2月29日)の業績は、売上高15億2123万円、営業利益8245万円、経常利益8198万円、純利益5452万円となっています。前期比で売上の53%、営業利益の57%という進捗です。

また、セグメント別では「Midworks事業」が売上高11億4871万円、営業利益8860万円と規模が大きくなっていますが、「メディア事業」も売上高1億5099万円に対して営業利益7778万円と非常に利益率の高いセグメントとなっています。(いずれも全社共通費を配賦前のセグメント利益と見られます)

メディア事業では、エンジニア向け「Mayonez」、ビジネスパーソン向け「Tap-biz」、恋愛の「Uranaru」「Cutee」、クルマやドライブの「Carby」、ペットの「あにまろーる」、商品比較・ランキングサイト「モノザウルス」、掃除洗濯・育児などの「家事っこ」、葬儀やお墓・仏壇の「終活手帳」などを展開しているようです。規模的には「Mayonez」「Tap-biz」が大きそうです。

こられのメディアでのアドネットワーク収入のほか、「SAKAKU」というメディアの運営受託、記事制作、SEOコンサルティングサービスを提供していて事業の柱となっているようです。ちなみに、CMSは自社開発を用いているようです。

代表取締役の河端保志氏と髙原克弥氏がそれぞれ37%の株式を保有しているほか、外部株主はイーストベンチャーズ、マイナビ、Orchestra Investment、クルーズ、インターワークス、ベクトル、セガサミーHDなど。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,425フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事