グーグル、Pinterestライクなプロダクトを試験投入

グーグルが、実験的なプロジェクトを送り出す「AREA 120」プロジェクトの一つとして、Google Keenと呼ばれるPinterestライクなプロダクトをAndroidとウェブでリリースしました。

Keenは、自分の興味に沿って自由にKeen(キーン)と呼ばれるボードを作成し、共有できるプロダクト。趣味のアイテム、作りたいと思ったレシピ、飼っているペット、興味のニュースなどあらゆるトピックをキュレーションできます。

グーグルのPeople and AI Research(PAIR)との協力で、AI技術によって、興味を持ちそうなKeenが自動的にレコメンドされ、興味を持つであろうトピックを深掘りしたり、広げていく事が出来ます。使えば使うほど、その精度は上がっていくようです。

「Keenはブラウジングで何時間も費やす場所ではありませんが、あなたの興味関心の中心地として、それを成長させ、好きな人と共有して、人生に活かせる役立つものを見つける場所です」

とグーグルはコメントしています。Keenはこちらからアクセスできます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,429フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事