fbpx

新型コロナウイルスの影響により料理レシピサービスの利用が増加・・・新しい広告メディアとしての利用可能性

ニールセン デジタル株式会社が、「ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)」のデータをもとに、2020年3月~5月のCOVID-19の影響による料理レシピサービスの利用状況について発表しました。

サービス利用者、3月と比較して5月では20%増加

緊急事態宣言が発出されていた4月上旬から5月下旬の期間に料理レシピサービスの利用者が増え、PCとモバイルの重複を除いたトータルデジタルの利用者数は、3月と比較して4月では6%、5月では20%増加しました。

また、50歳以上の女性では3月と比較して5月では31%増え、男性全体では19%増加し、これまであまり料理レシピサービスを利用していなかった属性グループが、環境の変化により利用を開始したことがわかりました。

サービスの利用時間が長時間化

動画レシピサービスは、すべての属性グループで長時間利用され、特に女性の若年層において長時間利用が顕著に。その他のレシピサービスも高頻度で利用されていました。

同社のシニアアナリスト宗像直樹氏は、「都市圏で再び感染者数が大幅に増加するなど、COVID-19の第二波と見られる現状を考慮すると、今後少なくとも数ヶ月は自宅で食事をする頻度の高さは継続し、料理レシピサービスの需要が維持される可能性がある」とし、マーケティング担当者はこのような利用者数の増加したサービスを上手に利用して、消費者とつながり続けることが重要だと指摘しています。さらに、「同じレシピサービスであっても、サービスの種類によって利用時間、利用回数に特徴があるため、出稿先の選定にあたっては、サービスごとの特徴を踏まえた上で、広告の目的・種類に応じてメディアプランを立案することが重要です」とも述べています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

関連記事