fbpx

LINE、美容ポータルサイト「lacore」をオープン…AIがパーソナライズされたコスメ・美容情報を提案

LINE株式会社が、自分にマッチしたコスメや美容情報が簡単に見つかる美容ポータルサイト「lacore(ラコレ)」をオープンしました。

新型コロナウィルス感染拡大に伴い、化粧品販売店舗では、購入前に化粧品を自分の顔や肌に試しに塗ってみる事ができる「タッチアップ」の行為を現在禁止している店舗が多く、「自分の肌やテイストにあった商品を選択できるか不安」といった声が多く上がっていました。

AIがユーザー好みの商品やコンテンツを提供

今回オープンした美容ポータルサイト「lacore(ラコレ)」では、パーソナルカラーや肌質、年齢など登録時に入力した情報やサイト内の行動履歴に応じて、AIがユーザーの好みにあった商品やコンテンツをパーソナライゼーションして提供するため、自分にマッチした化粧品や美容情報などをLINEから簡単に見つける事ができます。

また、商品ごとの口コミやレビューなど、利用者のリアルな声を事前に確認する事ができる他、お気に入りの商品やブランド等を「My lacore」と呼ばれるブックマークページに保存する事も可能です。

人気コスメブランドが多数参画

現在、国産ミネラルコスメ「エトヴォス(ETVOS)」や「UZU」、オーガニックヘアケアブランド「john masters organics」、韓国コスメブランド「MISSHA」、EC限定の新ブランド「SKIO」など合計14ブランドの商品を展開しており、今後も多数の人気コスメブランドが参画を予定しています。

自宅でのタッチアップやLINE電話での美容相談も可能に

今後は、購入前に欲しい商品のサンプルを受け取る事ができる機能が追加される他、自宅で自分の肌に合うかどうか、事前にタッチアップができるように。また、化粧品販売店舗のカウンセリング予約やLINE電話を活用した美容エキスパートとの1対1相談も可能になるなど、LINEの特性を活かしたシームレスな購買体験の提供を目指すとしています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

大人気のClubhouse、いま何が起きているのか?

新たなSNSが誕生し、今注目を集めています。まだ誕生から1年未満であるにも関わらず、すでに10億米ドルに値すると評価され、ベンチャーキャピタリストが投資に奔走しています。

ニュースに支払うプラットフォーム、慈雨ではなく新たな利権に過ぎない【Media Innovation Newsletter】2/28号

本誌でも再三お伝えしているように、オーストラリアで議論されていたプラットフォーマー(グーグルとフェイスブック)に対して、ニュース利用に対する対価の支払いについて交渉を義務付け、仲裁の仕組みも導入した「ニュースメディア交渉法」(News Media Barganing Code)が修正の上で可決される見通しとなりました。

お知らせ

関連記事