fbpx

GMO-AM、「TAXEL byGMO」 にメディアの直帰率を改善する「離脱位置レコメンド」提供開始

アドテクノロジー事業、メディアセールス事業等を展開するGMOアドマーケティング株式会社は、レコメンドウィジェット「TAXEL(タクセル) byGMO」で、WEBメディアの直帰率を改善する新機能「離脱位置レコメンド」を2020年8月27日(木)より提供開始しました。

「離脱位置レコメンド」は、WEBメディアを訪問したユーザーの行動から、直帰率の高いコンテンツ(記事)を判別したうえで、ページ単位で離脱が起こりやすい位置を特定し、そこにWEBメディア内の回遊を促す、“おすすめの記事”への導線を自動でレコメンド表示する機能です。

GMOアドマーケティングが提供する「TAXEL」は、WEBメディアを訪問したユーザーの閲覧行動から、閲覧するコンテンツの特性や興味関心を自動解析し、機械学習エンジンが関連記事をレコメンド表示するサービスです。WEBメディア内のユーザーの回遊を促し、広告収益の向上を図ることができるとして、これまでに新聞社や出版社サイト、エンタメサイトなど、500サイトを超えるWEBメディアに導入いただいています。

通常WEBメディアは、ユーザーに良質なコンテンツをより多く閲覧してもらうため、コンテンツ内の記事タイトルや見出しの配置、広告量のバランス、回遊導線の設計など様々な最適化施策を実施されています。しかし、コンテンツによっては記事タイトルへの期待と本文の相違や、流入元のユーザー特性の違いなどの理由で、最後まで読むことなく直帰(離脱)してしまうユーザーも多く、直帰率に課題を抱えるWEBメディア運営者から相談の声が多く寄せられていました。

そこでGMOアドマーケティングは「TAXEL」で、どこで離脱が起きているかのユーザーの閲覧行動をコンテンツ単位で分析したうえで、離脱前にレコメンド表示することで、WEBメディアの直帰率を改善する「離脱位置レコメンド」を提供することとしました。「離脱位置レコメンド」は、WEBメディア内の全コンテンツで、ユーザーの離脱が多いコンテンツを判別したうえで、ページ単位で離脱する位置を特定し、コンテンツのレコメンド表示を自動で行うことができる機能です。これにより、離脱の多い記事に絞ってユーザーに別の関連記事をレコメンドすることができるため、直帰率が下がり、滞在時間やページビュー、メディアロイヤリティの向上が期待できます。

現在「TAXEL」をご利用中のWEBメディア運営者は、新しくタグを設置する必要なく、本機能を追加費用不要で簡単に導入できます。

※本記事は試験中のプレスリリースAIによって生成されました

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

アバター
iAIbot
主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースを自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。

関連記事