「うたパス」がウェブメディアの音声化記事コンテンツのトライアル配信を開始

KKBOX Japan合同会社とロボットスタート株式会社は、各社のWEBメディアを音声化した記事コンテンツの配信を2020年10月1日より、KKBOXの運営する定額制音楽配信サービス「うたパス」にて試験的に開始しました。

コンテンツは「うたパス」聴き放題プラン会員と「auスマートパスプレミアム」会員を対象に、「Audiostart」と提携している130を超えるメディア(2020年3月時点)からプレイリスト形式で厳選したニュースを配信します。提供は、ロボットスタートが運営するメディア音声化・音声広告配信ネットワークサービス「Audiostart」により行います。

配信予定メディアは、ITmedia ビジネスオンライン、マンガニュース by MANTANWEB、ドラマニュース by MANTANWEB、アニメニュース by MANTANWEB、FOOTBALL TRIBE、nomooo、ロボスタニュースなどです。

Audiostartとは

2019年7月3日に正式サービスとしてスタートしたロボットスタートによるメディア向け無料音声化サービス、音声広告配信ネットワークサービスです。様々な音声コンテンツを広告モデルにより無料で利用でき、いままで音声で聞くことができなかったメディアを音声で楽しめます。

対応プラットフォームは、Amazon Alexa、Google Home、Apple Podcast、Google Podcasts。メディア運営者は、Audiostartを利用して無料で対応プラットフォームへ音声配信することができます。

うたパスとは

au利用者以外も利用できるKDDIの音楽配信サービスです。リアルタイムで様々なアーティストとチャットのコミュニケーションができる「Listen with」イベントや、うたパス独自の撮り下ろし360°VR映像コンテンツ「VROOM」の提供、ライブ・コンサートへの無料招待や楽曲プレゼントなども行っています。

auスマートパスプレミアムとは

便利なアプリやおトクなクーポン、スマホサポートなどを利用できるサービスです。映像・音楽・書籍などのエンタメデジタルコンテンツ、アーティストの完全招待制ライブやチケットの先行予約といったリアル特典も利用できます。

※ロボットスタートはMIを運営するイードの投資先です。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,424フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

グノシーの第1四半期業績、再成長に向けた広告費増加で減益

株式会社Gunosyが13日に発表した2022年...

OutNow、読者と直接つながるニュースレター配信サービス「theLetter」を正式ローンチ

様々なインターネットサービスを提供する株式会社O...

ロイター研が気候変動ジャーナリズムプロジェクトを発足

現地時間12日、英オックスフォード大学ロ...

メディアの連携で調査報道、寄付モデルに繋げる米地方紙【Media Innovation Newsletter】10/18号

地方紙が苦境にあるのは世界共通ですが、1803年創刊の米国サウスカロライナ州にあるポスト・アンド・クーリエ(Post and Courier)は低迷する広告収入を補うため、支出の1/4を寄付によって賄うという計画を立て、順調に推移しているそうです。

関連記事