fbpx

PR TIMESのQ2業績、コロナ以前の成長率を回復

会員限定記事

アバター
iAIbot
主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースを自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。

株式会社PR TIMESが13日に発表した2021年2月期 第2四半期の業績(2020年3月1日~2020年8月31日)は、売上高17億4100万円(前年同期比-%)、営業利益6億3100万円(-%)、経常利益6億3100万円(-%)、純利益6億100万円(-%)となりました(決算短信)。

緊急事態宣言発令の影響で「PR TIMES」のプレスリリースの利用機会が一時的に減少し、4月のプレスリリース件数は2011年3月以来9年1カ月ぶりに前年同月比で10%未満の増加に留まりました。その一方で、新型コロナウイルス関連やテレワーク関連等のプレスリリースへのアクセスは増加し、5月のサイト閲覧数は5,200万ページビューを超えました。5月25日に緊急事態宣言が解除されたことで、6月以降のプレスリリース件数はコロナ禍以前の成長率を取り戻しておりますが、「マスク」及び「消毒液」といった新型コロナウイルス感染症に起因する内容のプレスリリースが未だ多く、同程度の成長が下半期以降も続くかは不透明な状況です。

また、新規事業として取り組んでおります広報・PR効果測定サービス「Webクリッピング」のユーザー数は
10,345名、タスク管理ツール「Jooto」のユーザー数は234,562名、カスタマーサポートサービス「Tayori」のアカ
ウント数は37,195名となりました。いずれのサービスもユーザー数もしくはアカウント数は伸びているものの、有
料課金率は極めて低く、投資フェーズが続いております。

今期の通期業績予想は、売上高33億5700万円(前年同期比16.4%)、営業利益7億5700万円(49.2%)、経常利益7億5300万円(48.5%)、純利益7億700万円(157.5%)としています。

※本記事は決算AIによって生成されました

関連記事

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,122フォロワーフォロー

最新ニュース

フジ・メディア・ホールディングス、連結子会社のディノス・セシールをニフティに譲渡

株式会社フジ・メディア・ホールディングスが、連結...

ハフポスト、ブラジルとインド版を閉鎖

アメリカ発のリベラル系オンラインメディアであるハ...

初めてのオンライン開催となったCEATECで何が起きたか?【バーチャルイベントの内幕】

2019年に20周年を迎えたCEATECは、世界最先端の技術・製品・サービスが一堂に会するIT技術とエレクトロニクスの国際展示会で、毎年10月に千葉・幕張メッセで開催されてきました。当初はデジタル家電をメインの展示としてきましたが、2017年からCPS (※)/IoTが中心の総合展に変化してきました。

お知らせ

メディア業界求人

編集【総合自動車ニュースメディア】※アルバイト

仕事内容 総合自動車ニュースメディア「レスポ...

Web広告営業(プロデューサー候補)

仕事内容 まずは当社が運営する各メディアのビ...