Yahoo!ニュース、違反コメント投稿者に対し、ID再取得でもコメント投稿制限へ

ヤフー株式会社は「Yahoo!ニュース」が提供する「Yahoo!ニュース コメント」で、Yahoo! JAPAN IDを新たに取得して違反投稿を繰り返す悪質なユーザーへの対策を強化します。過去に「投稿停止措置」を受けた携帯電話番号の所有者が、Yahoo! JAPAN IDを再取得した場合でも、コメントの投稿が制限されます。

「Yahoo!ニュース」は2018年6月より、不適切なコメントを複数にわたって投稿したアカウントについては、それ以降の投稿ができなくなるように「投稿停止措置」をとっていますが、一部ユーザーにおいて、「投稿停止措置」を受けてもYahoo! JAPAN IDを新たに取得し、不適切な投稿を繰り返す行為が確認されていることから、違反投稿を繰り返す悪質なユーザーに対して、これまでより厳しい措置をとることを決定。Yahoo! JAPAN IDの新規取得時に携帯電話番号の登録が必須になったことを活用し、一度「Yahoo!ニュース」で「投稿停止措置」を受けたユーザーが、同じ携帯電話番号を利用してYahoo! JAPAN IDを再取得した場合であっても、コメントの投稿を制限します。

今回の措置はコメントの投稿のみを制限の対象としており、措置を受けたユーザーでも、コメントの閲覧や、「そう思う」「そう思わない」ボタンの投票については引き続き利用できるほか「Yahoo!ニュース コメント」以外のサービスは、この措置の影響なく利用できるとしています。

「Yahoo!ニュース」は、ユーザーがニュースを通してさまざまな意見に触れ、新たな視点を得るきっかけを作るために、配信される記事に意見や感想を投稿できる機能として「Yahoo!ニュース コメント」を2007年から提供。健全な言論空間を創出するため、専門チームによる人的なパトロールに加えて、自社で開発した「深層学習を用いた自然言語処理モデル(AI)」を利用し、誹謗中傷などの不適切な投稿を1日平均約2万件削除するなど、不適切な投稿への対策を行っています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

広告付き動画配信が生み出す巨大市場【Media Innovation Newsletter】8/15号

動画配信各社が、広告付きのプランを相次いで発表しています。ウォルト・ディズニーは「Disney+」の広告が入ったバージョンである「Disney+ Basic」を12月8日から米国で提供開始すると発表。ただし、価格は7.99ドルで、現行の「Disney+」と変わりませんが、現行版が10.99ドルに値上げされ「Disney+ Premium」となります。広告付き版でも全てのコンテンツが利用できるということです。

マイネット、ティーアンドエスからバスケットボールメディア事業を譲受

株式会社マイネットは、株式会社ティーアンドエスが...

クックパッドの第2四半期、レシピ広告が減少し減収・・・大きな赤字が続く

クックパッド株式会社が12日に発表した2022年...

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事