Facebookはメディアに収益還元すべきか? メディア・コンテンツから得ている恩恵を試算

本記事はThe Conversationに掲載された、フランスのUQAMのJean-Hugues Roy教授による記事「Facebook profits from Canadian media content, but gives little in return」をCreative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、掲載するものです。

最近の演説で、ジャスティン・トルドー政権は、ウェブの巨人の利益を「クリエイターやメディアに公平に分配する」と約束しました。

私はジャーナリズムを専門とする教授として、私はこの出来事はカナダのジャーナリストにとって素晴らしいニュースだと思います。新型コロナウイルスパンデミックの開始以来、2,000人以上の雇用が失われ、また、カナダのメディアは過去10年の間苦境に立たされているという背景があるためです。

一方で、デジタルプラットフォームが生み出しているメディア事業への貢献はどれほどのものなのでしょうか?また、プラットフォームにとってのニュースの価値はどのように計算されるべきなのでしょうか?

ニュースに価格をつける

Facebookの財務資料からカナダ事業における収益を抽出できることと、収益分配モデルを持っていないことの2つの観点から、同社について見ていこうと思います。

2020年の最初の2四半期について、Facebookはカナダだけで9億2400万ドルの収益を報告しています。2018年と2019年の間に、Facebookはカナダで60億ドル近くの収益を上げています。

この売上高のほぼ98%が広告販売から来ていることに注目すべきでしょう。収益の割合の観点から見ると、過去200年間ニュースメディアを支えてきた伝統的なビジネスモデルと類似点が多いですが、感情操作を利用してデジタル時代に合わせた手法を用いている点で従来のモデルとは異なります。

ジャーナリスティックなコンテンツによる収益がFacebookの収益の中でどれほどの割合を占めているのか調べるために、CrowdTangleという同社が提供するパブリックインサイトツールを使って、FacebookやInstagram、そしてRedditなどのソーシャルネットワーク上のジャーナリスティックなコンテンツを調査しました。研究者はソーシャル・サイエンス・ワンとの提携により、2019年からこのサービスを研究利用できるようになりました。

CrowdTangleは、一定期間に最も多くのインタラクションを生み出した約3万件の出版物へのアクセスを提供しています。インタラクションとは、コメントや、シェア、リアクションを意味します。このツールでは、特定の国で管理されている出版物に限定して検索をかけることもできます。

利益の計算

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

KADOKAWAのQ3業績、大幅な増収増益・・・出版とゲームが牽引

株式会社KADOKAWAが2日に発表した2023...

【会見速報】ヤフー、LINE、Zホールディングスが合併へ「広告市況の悪化は想定以上」

Zホールディングスは、同社と傘下企業であるヤフー...

Spotify、ユーザー数5億人が視野に・・・損失拡大も株価は急騰

Spotifyは、今週火曜日に第4四半期の決算を...

アイモバイル、Webサイトやアプリの売買プラットフォーム「ラッコM&A」と連携

株式会社アイモバイルは、ラッコ株式会社が提供する...

アドテック東京とオリコム、ジェンダーバイアスの測定基準「GEM」を日本でスタート

アドテック東京等のマーケティングの国際カンファレ...
The Conversation
The Conversationhttps://theconversation.com/
The Conversationは2016年に設立された研究者や専門家によるニュースやオピニオンを伝えるメディアです。

関連記事