インプレスHDの上期業績は増収増益、電子コミックや楽器マーケットプレイスが好調

株式会社インプレスホールディングスが10日に発表した2021年3月期 第2四半期の連結業績(2020年4月1日~2020年9月30日)は、売上高67億8500万円(前年同期比3.3%)、営業利益6億3300万円(55.1%)、経常利益6億6700万円(50.0%)、親会社株主に帰属する四半期純利益4億7900万円(39.3%)となりました(決算短信)。

当第2四半期連結累計期間については、書籍の返品減少や電子出版が好調に推移したことに加えて、国内向け受託案件の増加やIT分野のターゲット広告等の増収があったものの、コロナ禍における新刊刊行の遅れや出版広告の減少等による雑誌事業の減収、イベント・セミナーの開催数の減少等による減収により、コンテンツ事業の売上高は前期(5,562百万円)並みに推移し、5,546百万円となりました。

プラットフォーム事業については、コンテンツホルダーとの協業による電子コミックプラットフォーム事業や音楽分野の楽器マーケットプレイス「デジマート」が好調に推移し、売上高が前期(1,067百万円)に比べ25.7%増加し、1,341百万円となりました。

営業利益については、増収と売上原価の減少等による収益性の改善により、前年同期(408百万円)に比べ225百万円増加し、633百万円となりました。

今期の通期業績予想は、売上高135億円(前年同期比▲0.1%)、営業利益4億5000万円(4.2%)、経常利益5億4000万円(3.5%)、親会社株主に帰属する四半期純利益3億7500万円(0.0%)としています。

※本記事は決算AIによって生成されました

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,397フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

iAIbot
主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースを自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。

関連記事