fbpx

問い合わせは数百倍に!10年間のノウハウ蓄積が花開くアイティメディアのイベント事業【特集 バーチャルイベントの内幕】

会員限定記事

フェイスブックがMessengerとInstagramのチャット機能を統合…ユーザー利便性よりも訴訟逃れの戦術?

フェイスブック社は、Facebook MessengerとInstagramのダイレクトメッセージングサービスを1つのシステムに統合することを発表しました。統合により、両プラットフォーム間でのメッセージの共有が可能になります。

バズフィードのハフポスト買収、その背景と狙いは?【Media Innovation Newsletter】11/22号

毎週末発行、メディア業界の一週間を振り返る「Me...
Manabu Tsuchimoto
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

MIの11月特集は「バーチャルイベントの内幕」。新型コロナウイルス感染拡大によって多くのイベントがリアルからオンラインに移行しました。そこにはどんな課題と可能性があるのか。イベントのプラットフォーム、イベント主催者の双方をインタビューします。11月27日には多数の登壇者が参加する「バーチャルイベント勉強会」も開催します。

新型コロナウイルスの影響でリアルのイベントが難しくなり、多くの企業はバーチャルイベントに活路を見出しています。テクノロジー系メディアで知られるアイティメディア株式会社はいち早く2009年からアメリカのON24社と提携して、バーチャルイベントのプラットフォームを展開。多くの実績を積み重ねてきました。

同社の主軸であるメディアやリードジェンの事業とも連携しながら展開し、コロナ以降は応えきれないほどの爆発的な需要を受けているというデジタルイベント事業について、アイティメディア デジタルイベント事業部 事業部長の滝沢渚氏にお話を伺いました。

滝沢渚
アイティメディア株式会社 デジタルイベント事業部 事業部長
2009年にアイティメディア入社。広告の企画営業を経験した後、米国に留学しMBAを取得。帰国後は3年半前からデジタルイベント事業に携わり、10月に新たに発足したデジタルイベント事業部の責任者を務めている。

―――アイティメディアのデジタルイベント事業は長い歴史があります。どのようにスタートしていったのでしょうか?

2009年にアメリカのON24社と提携して、バーチャルイベントのプラットフォームを日本に導入しました。アイティメディアはメディアで広告ビジネスの会社でしたが、今後はプラットフォームを売っていきたいという考えがありました。自社でのイベントも開催してきましたが、基本的にはソリューションとして外部に提供するという事をやってきました。

―――軌道に乗り始めたのはいつ頃でしょうか?

なかなか厳しい10年間だったと思います。導入当時はアメリカでバーチャルイベントが流行り始めた頃で、同時期に複数のソリューションが日本に入ってきました。アメリカは国土が広く、簡単には移動できないという事情もあり、こういうオンラインで商談をしようという機運が高かったんです。でも日本では中々根付かず、一部の外資系の企業がアメリカでの実績から日本でもバーチャルイベントを開催したいという際にお手伝いをするという程度で細々と続けてきたというのが実情です。

―――それが新型コロナウイルスで一変したと

一気に問い合わせ数が数百倍に増えて、実施数も5倍くらいになりました。現在は対応しきれないという事で、年内の開催はお断りしているような状況で、年明けに向けて協業してくれるパートナーを拡充して、ニーズに応えられるように整備をしている状態です。

―――バーチャルイベントに求めるニーズも変化したのでしょうか?

元々はリアルなイベントとのハイブリッドのニーズが主でした。リアルでやりつつ、東京以外の地域の方や、会期中に都合が合わない方向けに、バーチャルでも併催するという形です。実はハイブリッドで開催すると来場者も獲得できるリードの数も圧倒的に増えます。ですので、これまでも徐々には利用が増えていっていました。

新型コロナウイルス以降は単純にリアルでの開催が難しくなり、これまで例年開催してきたようなイベントを何とかバーチャルででも継続したいというような要望が多いように思います。また、B2Bのビジネスではどうリードを獲得するかが重要ですが、現在の環境下では実行できる手段が非常に限定的ですので、バーチャルイベントに活路を見出したいという考え方が一般的になっています。

―――アイティメディア自身も主催者としてバーチャルイベントを開催していますね

ITmedia Virtual EXPO」というのを長年開催しています。主に製造業をターゲットにIoTやスマートファクトリー、ロジスティクスなどの分野をカバーする展示会です。少しITとは縁遠い業界ではあるのですが、出展者数は右肩上がりで増えていて、先日開催した「ITmedia Virtual EXPO 2020秋」では100社を超える企業が出展しました。

ITmedia Virtual EXPO 2020秋のエントランスの様子。リアルの展示会と同様に様々なエリアに分かれてブースが配置されている

―――バーチャルイベントの成功の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?

様々な要素がありますが、 (1)プラットフォームの特性を知る (2)ライブ配信との組み合わせ (3)マーケティングをきちんとする というのは大事だと思います。

(1)プラットフォームの特性を知るですが、リアルなイベントが借りた会場を自由に使えるのに対して、バーチャルイベントでは何かしらのプラットフォームを利用する事になり、そのシステム上の制約というのはどうしても出てきてしまいます。ですから、リアルなイベントをそのままバーチャルで置き換えるのではなく、システムの特性を活かして、再設計するという考え方が大事だと思います。リアルを無理やり再現するよりも、バーチャルだからこその体験を引き出す方が良いと思います。

(2)ライブ配信との組み合わせは、バーチャルにおいてもイベントのピークで盛り上がりを作るという意味で、基調講演やセッションなどをライブ配信で行い、この日に来て下さいね、と呼びかけるのが重要だという事です。バーチャルイベントは長期間実施される事が多く、いつでも参加できる利点があるのですが、逆に「いつでも見られるからいいや」と思われてしまう事にも繋がります。ですのでライブ配信を行う日を決めて告知して、その日にピークを持ってきて、それと一緒にコンテンツを閲覧してもらう、というような流れを作るのが重要です。

(3)マーケティングをきちんとするは当たり前の話なのですが、イベントを開いたからといって自然にお客さんが来てくれるわけではありません。リアルと違って、ふらっと訪れてくれるというような事も稀です。リアルだと会場に全く人が来ないと大変だという恐怖感でマーケティングに力が入るのですが、バーチャルだとデータでしか分からないので恐怖感が薄れ、集客がおろそかになるというケースがあるようです。

―――様々な競合も登場してきていますが、アイティメディアのバーチャルイベントの優位性はどこにあるのでしょうか?

確かに競合は増えてきているのですが、10年以上に渡ってバーチャルイベントを作り続けてきて、その経験とノウハウがプラットフォームには凝縮されていますので、一朝一夕には追い付かれるものではないと思っています。

お客様からの満足度も非常に高いです。「しっかりとしたシステムで、機能が作り込まれている」と褒めていただくケースが多いです。特にB2Bのイベントにおいては、来場者のデータを取得して、その人がどんなブース、どんな資料、どんな講演をどのように閲覧したかを精緻に取得し、その後のマーケティングに活かしていく必要がありますが、ここには自信があり、B2Bのお客様には納得いただけるものになっていると思います。

―――今後の進化の方向性はどのように考えていらっしゃるでしょうか?

繰り返しになりますが、リードを獲得してマーケティングに繋げるというのに最適なプラットフォームになっていますので、よりマーケティングオートメーションとの連携を強化したり、メールマーケティングとの連携をより強固にしたりといった方向を考えています。

あくまでもB2B向けのプラットフォームと捉えていますので、例えばUIをリッチにして、3D空間を歩いてブースを巡ったりできるようにならないのか? とよく聞かれるのですが、その方向ではないと考えています。

また、オペレーションの部分で、制作を弊社が引き受ける部分が大きく、提供できるイベント数に限りがありご迷惑を掛けている部分もありますので、今後はパートナーの力を借りたり、セルフサービスで利用できる範囲を増やしたりして、より多くのニーズに応えられるようにしたいと思っています。

ビジュアルのリッチさよりも、いかにB2Bで活用できるかに力点を置く

―――バーチャルイベントは今後どのように進化していくと考えられますか?

今はリアルで開催できない事から、バーチャルのみでの開催が主流になっていますが、コロナ以降の世界ではハイブリッド開催が当たり前になると思います。

バーチャルはまだ関心が低い方も含めて幅広い人にリーチできる手段として、リアルはより顕在化したニーズに応える手段として、異なる役割を持ちながら共存していく事になると思います。イベント主催者にとっても、来場者にとっても、異なるコミットメントレベルで参加できる手段が提供されるというのは大きなメリットだと思います。

まだバーチャルイベントは認知を広げていくフェーズにあり、アイティメディアのプラットフォームを使って展示会を開催していただいているある主催者さんとは、一緒にスポンサー向けの説明会をやって啓蒙活動もやっていたりします。プラットフォームを磨きながら、バーチャルイベント自体を広げていく事にも繋がればと思います。

11月特集: バーチャルイベントの内幕

第1回 問い合わせは数百倍に!10年間のノウハウ蓄積が花開くアイティメディアのイベント事業
・第2回 Sansan株式会社 執行役員 新規事業開発室 室長 林祐樹氏インタビュー
・第3回 CEATEC実施協議会 エグゼクティブプロデューサー 鹿野清氏インタビュー
・第4回 日本コンベンションサービス株式会社 ニューノーマル推進室 副室長 藤泰隆氏インタビュー
・第5回 アジアクエスト株式会社 取締役 デジタルトランスフォーメーション事業部長 岩崎友樹氏インタビュー
・第6回 株式会社ストラーツ 代表取締役CEO 堀江和敬氏インタビュー
・第7回 Comexposium Japan 株式会社 Contents Manager 中澤圭介氏インタビュー
ほか

11月27日(金)開催、オンラインイベント

■Media Innovation Meetup #21 バーチャルイベント勉強会
日時: 2020年11月27日(金) 17:00-18:30
会場: オンラインでの開催です
参加方法: 登録された方にZoomのURLをお送りします

■スケジュール(仮)
・17:00 開始
・17:05 登壇者様からプレゼンテーション
     アイティメディア株式会社 デジタルイベント事業部 事業部長 滝沢渚氏
     SanSan株式会社 新規事業開発室 室長 林祐樹氏
     CEATEC実施協議会 エグゼクティブプロデューサー 鹿野清氏
     日本コンベンションサービス株式会社 ニューノーマル推進室 副室長 藤泰隆氏
・17:50 パネルディスカッション&質疑応答Media Innovation Meetup #21 申込はこちら

関連記事

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,119フォロワーフォロー

最新ニュース

右脳×時代性から考えるpart3…「メディアのイノベーションを生む50の法則」(#16)

メディアでイノベーションを実現するためにはどうし...

フェイスブックがMessengerとInstagramのチャット機能を統合…ユーザー利便性よりも訴訟逃れの戦術?

フェイスブック社は、Facebook MessengerとInstagramのダイレクトメッセージングサービスを1つのシステムに統合することを発表しました。統合により、両プラットフォーム間でのメッセージの共有が可能になります。

お知らせ

メディア業界求人

編集【総合自動車ニュースメディア】※アルバイト

仕事内容 総合自動車ニュースメディア「レスポ...

Web広告営業(プロデューサー候補)

仕事内容 まずは当社が運営する各メディアのビ...