電通、本社ビル売却を検討…3000億円規模か

株式会社電通グループは、同社が所有し本社として利用している汐留の「電通本社ビル」の売却を検討している事を明らかにしました。本件を巡っては日本経済新聞が報じていました。売却後もグループで大部分を賃貸し、本社移転はしない方針だとのこと。売却規模は3000億円程度になるということです。

電通本社ビルは旧国鉄・汐留貨物駅の再開発によって2002年に完成したビルで地上48階建て。新型コロナウイルスの感染拡大以来、在宅勤務が大半となっていて、足元で出社率は最大でも2割程度に留まっていて、余剰空間も生まれていたということです。

電通は報道を受けたプレスリリースで次のようにコメントしています。

当社は、2020年8月から”包括的な事業オペレーションと資本効率に関する見直し”および”事業トランスフォーメーション加速のための施策”に着手しており、その一環として、「電通本社ビル」の売却についても検討していることは事実ですが、現時点で決定している事項はありません。今後、開示べきことが生じた場合には、速やかにお知らせいたします。

2,772ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,391フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事