ソニーの世界戦略に影響を与える「鬼滅の刃」の意外な効果とは

今年度の最終利益が1兆円を超え、過去最高益となる予想を発表したソニー。ビジネスは祖業の家電から大きく広がり、金融、ゲーム、音楽など多岐に広がりますが、最近特に注目されるのがアニメです。アニプレックスはゲームの「FGO」で大きく稼ぎ、今度は「鬼滅の刃」の大ヒットがありました。

毎週実施しているライブ番組「Media Innovation Live」にて「ソニーの世界戦略に影響を与える『鬼滅の刃』の意外な効果とは」と題して、株式会社コンテンツジャパン代表の堀鉄彦氏が、ソニーの海外配信戦略などについて解説しました。
(聞き手: 株式会社メディアインキュベート 浜崎正己代表)

記事では動画の内容をテキストでもお届けします(そのまま書き起こしたものではありません)。

世界的なネット視聴へのシフト

堀: 日本のコンテンツはすごいとクールジャパン戦略ではよく言われていますが、海外でのアニメ事業は、今までそれほど拡大していませんでした。そうした状況の中、今回、「『鬼滅の刃』でソニーのコンテンツ海外配信が加速されそうだ」という記事がフィナンシャル・タイムズに掲載されていて、よく読んでみると、今回の動きは、本物になるかもしれないと思いました。

Media Innovation 記事より

1月19日には、ネットフリックスの決算が発表されました。会員も2億人を突破し、非常に好調でした。アメリカでは、ケーブルテレビからストリーミングサービスのOTTへ乗り換える動きが加速していて、ネットフリックスもその流れに乗っているという感じがします。

このように、世界的に電波からネット視聴に切り替わっている、ちょうどいいタイミングだったので、今回は、ソニーの海外配信戦略を取り上げてみようと思います。

日本のアニメが世界へ

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事