Facebookが試行したニュース排除から考える「WeChatモデル」という恐怖

本記事はThe Conversationに掲載された、オーストリアのDeakin Universityでメディア学を専門とするFan Yang教授とRobbie Fordyce教授による記事「The WeChat model: how Facebook’s ban could change the business of news」をCreative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、掲載するものです。

最近SNSを使用した人なら誰でも、オーストラリアのメディア契約法案に対してフェイスブックがとった「ニュース禁止令」という対応について、知っているのではないでしょうか。Facebookのプラットフォームは、オーストラリアのニュースページからのリンクの投稿を事実上すべて停止し、オーストラリアの人々がニュースを投稿することや、海外のニュースを閲覧することをできないようにしました。

この変化は一夜にして起こったものであり、オーストラリアかFacebookのどちらかが引き下がれば、元の状態に戻るかもしれません。しかし現在の状況が続けば、Facebookは中国のプラットフォームWeChatのように、ニュースがプラットフォームに特化したコンテンツハウスに支配され、質の低い記事を大量に流出するような状況になるかもしれません。そして、そのような事態はFacebookにとっては好都合なことかもしれません。

WeChatとは何か?

WeChatは中華人民共和国の主要なSNSプラットフォームです。また、オーストラリアをはじめ、世界中の多くの人々に利用されています。中華人民共和国とオーストラリアでは政治体制が大きく異なりますが、今回はそれらの共通点に注目してみましょう。

WeChatは、中国企業によって運営されているSNSプラットフォームであり、中国のFacebookと呼ばれることもあります。しかし、WeChat は、独自の組み込みツール、決済サービス、通信ネットワーク、またメッセージからゲームまで、さまざまなオプションと利便性を幅広くカバーするプラットフォームです。

要するに、WeChatは万能です。そのため、全ての報道機関がWeChatのプラットフォーム内にセットアップされています。これらは「WeChat Official Accounts (woa)」として知られており、Twitterなどの他のプラットフォームにおける「Blue tick」とほぼ同じ働きをします。

もしFacebookがオーストラリアとのニュースのやり取りの停止を続ければ、WeChatのようなものが新たにここで生み出されるかもしれません。私たちの研究が、アプリなどの機能やインターフェースの要素が、英語のデジタルメディアと中国語のデジタルメディアの間を行き来することは非常に一般的であることを示しています。

人々は、米国に拠点を置くSNSサービスの一部が北京語で展開されるSNSサービス(WeChatが作ったInstagramのコピー製品「Moments」など)によって模倣されていると考えがちですが、実は両者とも模倣し合っています。Facebook、Twitter、LinkedInなどが使用しているステッカー、GIF、QRコード、ライブコメント、ダイレクトメッセージは、実はWeChat、Weibo、Bilibiliから模倣されていたのです。

WeChat上でのニュースの現状

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

The Conversation
The Conversationhttps://theconversation.com/
The Conversationは2016年に設立された研究者や専門家によるニュースやオピニオンを伝えるメディアです。

関連記事