「フジサンケイビジネスアイ」デジタル化を背景に6月末で休刊・・・以後は産経新聞内で業界情報を報道

株式会社産経新聞社と、その全額出資子会社の株式会社日本工業新聞社は、日本工業新聞社が発行する総合ビジネス金融紙「フジサンケイビジネスアイ」を6月30日付で休刊することを発表しました

フジサンケイビジネスアイは、前身の「日本工業新聞」から平成16年にリニューアル。中小企業やベンチャー企業を中心に、経済・産業情報を伝えてきた新聞です。近年のインターネットメディアの台頭を背景に、紙媒体として苦しい状況が続いており、今回の休刊に至ったようです。

7月以降は産経新聞に「フジサンケイビジネスアイ面」を新設し、産経新聞の媒体力を活用しながら、これまで同紙が力を入れてきた中小企業情報・業界情報を報じていくとしています。また、日本工業新聞社が取り組んできた展示会・イベント事業、顕彰事業などの事業部門は、3月末を目途に産経新聞社へ移管する予定。

産経新聞は積極的にデジタルメディアへの進出を図っており、紙面のレイアイトをそのまま読める「産経電子版」も発行しています。紙の新聞としては残念ながら休刊となってしまいましたが、実質的なデジタル化といえるでしょう。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,404フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

関連記事