fbpx

TechCrunchが招待制スタートアップ向けコミュニティサービス開始

ベライゾンメディア・ジャパン株式会社が運営するスタートアップ&テクノロジーメディア「TechCrunch Japan」は、招待制スタートアップ向けコミュニティ「TC HUB by TechCrunch Japan」のサービスを正式に開始しました。

「TC HUB」は、スタートアップとスタートアップ支援機関や団体、TechCrunch Japan編集部をつなぎ、日本のスタートアップコミュニティの活性化を目指すサービスです。参加無料の招待制スタートアップ向けコミュニティで、各ステークホルダーをつなぎ、双方に有益な情報をダイレクトかつスピーティーに共有します。3月31日時点で、約120名のコミュニティメンバーが在籍しています。

3つのサービス

Communication HUB

TechCrunch Japan編集部との「Slack」を通じたダイレクトコミュニケーションサービスです。TechCrunch Japan編集部へダイレクトかつスピーディにコミュニケーションがとれるSlackを提供し、不必要なコミュニケーションコストを無くし、スタートアップ本来の役割「世界を変革するプロダクト・サービスを作ること」に集中できる環境づくりに貢献します。

今後、国内にある他のスタートアップメディア編集部の参加も考えており、交渉を予定。また、コミュニティーメンバー限定のイベントなどを通じて、スタートアップ企業同士の横のつながりが形成されるような取り組みを実施する予定です。

Partnership HUB

スタートアップ支援機関や団体と連携して各種ベネフィットを提供するサービスです。3月31日現在、立命館大学の起業家育成コミュニティ/ファンド「RIMIX」と連携しており、TC HUBのSlack内に「大学向け専用窓口」を設置。窓口上で両組織間の人材交流(インターン募集など)や、大学との実証実験に向けたコミュニケーションができます。今後、積極的にスタートアップ支援機関や団体との連携を加速し、ベネフィットを増やしていく予定です。

Information HUB

通常の編集記事に加えて、スタートアップ企業が主体となって情報発信できるサービスです。スタートアップのビジネス概要などのデータのほか、TechCrunch Japanの編集記事、スタートアップが発信するプレスリリースなどの情報を集約したカンパニーページの提供などを予定。リリースは、2021年7月をめどにしています。

参加資格

過去にTechCrunch Japanへの記事掲載実績、掲載予定のスタートアップ、もしくはTechCrunch Japanが主催する「TechCrunch Tokyo」や「Startup Battle」など各イベントへの登壇実績のあるスタートアップです。

上記の参加資格を満たしたスタートアップは、「TC HUB by TechCrunch Japan 申請フォーム」から参加の申込みができます。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

関連記事