K Village Tokyo、韓国情報メディア「kasioda」を事業譲受…リニューアルして運営開始

日本最大の韓国語教室を運営する株式会社K Village Tokyoは、韓国情報メディア「kasioda」を2021年2月に事業譲受し、サイトを2021年4月にリニューアルして本格的に運営を開始しました。

「kasioda」は、韓国のトレンド、グルメ、コスメ、ファッションなど思わず韓国に行きたくなるようなコンテンツを発信する韓国情報メディアです。Instagramのフォロワー数は1万人、読者・視聴者の性別は男性30%、女性70%、年齢は10代~50代までと幅広い層から支持を得ています。

今回の事業譲受は、「日韓最大のコミュニティを創る」という経営理念を掲げ、韓国語教室を運営拡大してきた同社が理念の実現に向けて行いました。「kasioda」によって韓国に興味をもつユーザー層へのアプローチを拡大し、日韓最大のコミュニティを創る上での新しい柱とするとしています。

同社は今後、韓国情報メディアの運営、B to Bでの事業推進を行い、韓国を軸とした事業モデルを創出するための様々な取り組みを行っていく予定です。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,400フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事