fbpx

ツイッター、「世界報道自由デー」でローカルジャーナリズムを支援するキャンペーン

5月3日は、「一般市民が報道から正しい権利を得ること、ジャーナリストが自由かつ安全に情報を提供する権利を保障する」ことを目的とする国際デー、「世界報道自由デー」でした。

ツイッターは、3日、この「世界報道自由デー」を記念し、ローカルジャーナリズムに焦点を当て、支援するためのキャンペーンを行いました。以下にTwitter社の取り組みを紹介します。

#FollowLocalJournalistsを用いたキャンペーン

今回、Twitter社は、ソーシャルメディアでもあるTwitter上で『#FollowLocalJournalists (#記者をフォローしよう)』を用いたキャンペーンを開始しました。ローカルジャーナリズムの重要性を訴えるとともに、その発展に貢献したジャーナリストの地位向上や認知拡大を目的としています。また、このキャンペーンの一環として行う地方紙に対するサポートとして、米国全土28紙の地方紙で広告キャンペーンをデジタル、紙媒体の双方で展開しています。

音声メディア『Spaces』を用いたキャンペーン

また、音声を通してリアルタイムで他ユーザーと交流することができるTwitterの機能『Spaces(スペース)』を用いたキャンペーンを開始したことで、異なる国や地域の記者と直接交流し、生の声に触れることが可能になりました。日本では、国内のジャーナリズムの状況について討論できる『Spaces』を開設したほか、インドでは現在猛威を振るっているCOVID-19について、ミャンマーでは軍によって引き起こされたクーデターやその後にSNS上で起きたキャンペーン『#whatshappeninginmyanmar』についての討論を行う『Spaces』を開設しています。

UNESCOやNGOとのパートナーシップを締結

上記以外にも、UNESCOやジャーナリスト保護に取り組むNGOとのパートナーシップを

締結し、「#FollowLocalJournalists」、「#WorldPressFreedomDay」、「#PressFreedom」、「#WPFD2021」というハッシュタグの絵文字を20カ国語で発表するなど、「世界報道自由デー」に関する話題を提起しています。また、2021年の「世界報道自由デー」に向けたアジア太平洋地域協議に参加し、メディアや情報リテラシーの促進におけるテクノロジーの役割についての議論を行いました。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

ニュースよりポッドキャストに支払う意向の若者たち【Media Innovation Newsletter】6/13号

ポッドキャストへの注目が高まるばかりですが、これまで主流だった広告モデルに加えて、有料のユーザー課金モデルも立ち上がっていきそうな気配です。

お知らせ

関連記事