アマゾン、映画会社MGMを84億ドルで買収

アマゾンは、約1世紀の歴史を誇る映画会社であるMGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)を84.5億ドル(約9000億円)で買収すると発表しました。SVODのアマゾンプライムビデオを擁する同社ですが、これほど大規模なコンテンツへの投資は初となります。

MGMは番組や映像の制作部門であるアマゾン・スタジオとの取引があり、より連携を強化していくほか、過去の膨大なラインナップをアマゾンプライムビデオに取り込み、ネットフリックスやディズニーとの激化する競争に備えたい考えです。

「MGMには4000を超える映画のカタログがあり、17000のテレビ番組があり、これまでに180以上のアカデミー賞と100以上のエミー賞を獲得してきました。この取引の本質的な価値は、MGMの才能あるチームと、膨大なIPに今後取り組んでいくという事です。これはとても刺激的で、高品質なストーリーテリングを生み出す、多くの機会を得られるでしょう」とプライムビデオとアマゾン・スタジオのシニアバイスプレジデントのマイク・ホプキンス氏は述べています。

MGMの所有する作品には「ジェームズ・ボンド」「十二人の怒れる男」「氷の微笑」「クリード」「モンスタートラック」「ロボコップ」「ロッキー」「トゥームレイダー」「ピンクパンサー」「ピンクパンサー」「羊たちの沈黙」「アダムスファミリー」などがあります。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,450フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【2021年締め括り】今年のMedia Innovationの人気記事と注目記事を一挙紹介

世界的なパンデミックが始まってから約2年。メディ...
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger