NewsPicksと日本マイクロソフトが連携・・・Teamsとの連携により法人向けサービスを強化

ユーザベースグループの株式会社ニューズピックスと日本マイクロソフト株式会社が提供するコラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」が連携し、「NewsPicks for Microsoft Teams」をリリースすることが決定しました。

Microsoft Teamsとは、ビジネスチャット、オンライン会議、音声通話、ファイル共有といったリモートワークに必要なコミュニケーション手段を1つのツールに集約しているソリューションです。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響により、多くの企業がリモートでの業務にMicrosoft Teamsを活用しているといいます。

一方、ビジネスパーソン向けソーシャル経済メディア「NewsPicks」を提供するニューズピックスは、NewsPicksの仕組みを活用した法人向け社内限定メディア「NewsPicks Enterprise」、「NewsPicks 法人向けプレミアムプラン」などのサービスも提供しています。

今回、これら法人向けNewsPicksの持つコンテンツ力と、多様なコメントを通じて多角的にニュースを読み解く仕組みとともに、Microsoft Teamsの会議、チャット、通話、共同作業をすべて1か所で行える仕組みをコラボレーション。企業従業員のDXや仕事効率化、学びやコミュニティの活性化を支援し、リモートワーク時代の企業の変革や成長を後押しする、新たな法人向けプラットフォームを目指すとしています。

なお、「NewsPicks for Microsoft Teams」の詳細は後日発表予定とのこと。

今回の連携について、日本マイクロソフト Microsoft 365ビジネス本部本部長・山崎善寛氏は、「社内外のニュースの情報を起点として社員同士のコラボレーションを促進し、学びを止めない働き方を推進いただけるものと期待しております」と抱負を述べています。

また、NewsPicks執行役員・麻生要一氏は、「現在、多くの日本企業の中でコラボレーションツールとして活用されるMicrosoft Teamsとの機能連携によって、社内外の情報を起点とした社員同士のコミュニケーションが「もっとシームレスに」「もっと活発に」なされるプラットフォームの実現を目指します」と述べています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,403フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

【特集】データで見るNFTの現在地、10のチャートで知るトレンド

ブロックチェーンで唯一性が担保された資産であるN...

再び批判を受けるフェイスブック、コンテンツ判断の基準とは?【Media Innovation Newsletter】9/27号

四半期ごとにコンテンツの適切な取り扱いができているかを報告する透明性レポートを発表しているフェイスブックですが、その発表について批判を浴びています。

関連記事