イード、ECショップ管理システム「TEMPOSTAR」を提供するNHN SAVAWAYを子会社化・・・EC関連事業の強化を目指す

株式会社イードは、2021年6月22日開催の取締役会において、2021年7月1日付(予定)でNHN SAVAWAY株式会社の全株式を取得し、子会社化することについて決議したことを発表しました。なお、株式譲渡実行日にSAVAWAYの商号を「SAVAWAY株式会社」に変更する予定です。

SAVAWAYは、2004年創業のトータルECサポート企業です。EC事業者におけるバックヤード業務の効率化を図る複数ECショップ一元管理サービス「TEMPOSTAR」の提供を軸に、EC事業者のニーズに合わせたサービスを提供してきました。

一方イードグループは、株式会社エンファクトリーが運営するECサイト「スタイルストア」、株式会社絵本ナビが展開する絵本や関連グッズのオンライン販売、株式会社ネットショップ総研によるECコンサルティング、ECシステムを提供する「marbleASP」等、グループでのEC領域の事業展開を行ってきました。

イードの既存のEC関連アセットにSAVAWAYのECサポート事業、「TEMPOSTAR」事業が加わることで、ECシステム、複数ECショップ管理、ECコンサルティング、ECサイト運営と、EC領域をより幅広くカバーでき、イードグループのメディア事業に並ぶ事業の柱としてEC関連事業を強化していきます。

さらに、今後はイードグループの強みであるメディア・コンテンツとECを組み合わせ、イードグループならではのEC事業「メディアコマース事業」として、事業創出と拡大を図るとともに、SAVAWAY社のコスト構造の見直しや収益力の強化を行い、事業の早期黒字化を目指すとのことです。

また、SAVAWAYが持つ多数の既存クライアントに対しても、ネットショップ総研のコンサルティングサービスと連携していくことで、付加価値の提供、顧客満足度の向上を図ります。

※MIは株式会社イードが運営しています

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,425フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事