個人情報を誤ってサイトに公開した際に緊急連絡するサービス「個人情報漏洩監視くん」の提供を開始

株式会社ヴィクセスは、AIがウェブサイトを定期的に監視し、個人情報や名簿が誤って公開された際に緊急連絡するサービス「個人情報漏洩監視くん」の提供を開始しました。

「個人情報漏洩監視くん」は、AIがユーザーのウェブサイトを監視し、誤って個人情報や名簿が公開された際に検知して報告するサービスです。情報漏洩による損害・損失を最小限に抑えることができます。

情報漏洩が発生すると損害賠償、費用損害、逸失利益、風評被害など影響が極めて大きい一方、原因が人為的ミスであることから完全に防ぐことが難しいとされてきました。「個人情報漏洩監視くん」はこの課題を解決するため、サービス利用者のウェブサイトをAIが定期的に監視。個人情報や名簿の検知を行い、個人情報や名簿が公開された際に速やかに担当者が利用者に電話で緊急連絡します。

この報告により、被害を最小限に抑えることが可能です。監視には利用企業の社内情報が不要で、新たなシステムの開発もサーバーへのインストールも必要ありません。

「個人情報漏洩監視くん」の特徴

「個人情報漏洩監視くん」の特徴は、「AIによる登録サイト内の内容の定期的な監視」「AIによる個人情報の公開検知」「検知時の電話による緊急連絡」の3点です。その他、「社内情報が一切不要」「新規のシステム開発が不要」「既存のサーバーへのインストール不要」という特徴を持っています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,425フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事