「Ameba」がOracle Advertisingと連携、ポストCookie時代に対応したコンテクスト広告配信メニューを販売

株式会社サイバーエージェントが運営する「Ameba」のブランド広告主向け広告メニューで、「Oracle Advertising」の「Oracle Contextual Intelligence」を使用した広告プランの提供を新たに始めました。

近年、デジタルマーケティングはユーザープライバシー保護の強化、ユーザートラッキングの制限への適切な対応が求められる局面を迎えており、ユーザーデータの取り扱いについてこれまで以上により適切な倫理観とデータ管理が重要になってきています。各プラットフォーマーによる第三者のトラッキングに対する制限強化の動きも活発化し、ポストCookie時代に対応した最適な広告配信方法の確立が求められています。

「Ameba」では、サービス開始から16年の間蓄積されたブログ記事について、入札前のコンテクスト広告および「Oracle Contextual Intelligence」のコンテクストに基付いたターゲティング機能を活用することでキーワードや文脈を詳細に解析・セグメント化。商品・商材の訴求ポイントと関連性の高いブログ記事へ広告配信するという新たな広告プランの提供を始めるとのことです。

今回の提供で、ポストCookie時代への対応するため、ユーザーのプライバシーを守りながら、これまでの「Ameba」独自のターゲティング配信と合わせて、より目的に合わせたターゲット層を捉えることが可能になるほか、「Oracle Contextual Intelligence」のブランド・セーフティ機能を利用し、透明性の高い広告配信も目指すとしています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事