Facebook、世界中のユーザーにオリンピック関連の情報を届け、アスリートを応援するためのキャンペーンを開始

Facebookは今月23日、同社が運営する「Facebook」「Instagram」「WhatsApp」において、現在開催中の東京オリンピックに関する情報をユーザーに提供するキャンペーンを開始しました

「Facebook」では、オリンピックの公式放送パートナーからの競技のハイライトや、オリンピックの大会説明や歴史、友人がオリンピック関連で行った投稿などに一括でアクセスできる特設ページを開設しました。ユーザーは#Olympicsまたは#Tokyo2020のハッシュタグをクリックすることでページにアクセスできます。

「Instagram」では、主に「ストーリー」と「リール」機能を用いて実施しています。「ストーリー」機能では、公式マスコットであるミライトワのARエフェクトを搭載しているほか、「リール」機能では、11人の東京オリンピック出場選手の舞台裏の様子をまとめています。

最後に「WhatsApp」では、オリンピックの公式チャットボットを利用できるようになり、競技スケジュールや結果、順位などの情報を提供します。また、様々なオリンピックイベントに関するクイズやステッカーを提供し、ユーザーが一層オリンピックを楽しむことができるようなきっかけを提供しています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,398フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事