Yahoo!防災速報が「防災タイムライン」提供開始・・・ユーザーに合った防災行動を事前に確認、災害警戒時に通知へ

ヤフー株式会社(Yahoo! JAPAN)は、同社が提供する「Yahoo!防災速報」で、事前の情報入力でユーザーに合った防災行動を確認し、大雨など災害警戒時の防災行動開始のタイミングとともにプッシュ通知が届く「防災タイムライン」の提供を開始しました。この機能は、国土交通省が普及を目指す、住民一人一人の防災行動計画「マイ・タイムライン」のデジタル版にあたり、同社によると民間初の無償提供となります。

「Yahoo!防災速報」は、ダウンロード数3,600万を超えるスマートフォン向け防災通知アプリで、緊急地震速報や豪雨予報、避難情報などの情報を配信するサービスです、ユーザーが日頃から災害に備えられるように、防災関連情報をまとめた「防災手帳」や災害状況をユーザー間で共有しあえる「災害マップ」も搭載しています。

今回新たに提供する機能は、国立研究開発法人防災科学技術研究所監修のもと、広島県、京都府と意見交換を行い開発。「Yahoo! JAPAN」アプリトップ画面の「ツールを追加」ボタンから「防災タイムライン」を追加することができます。利用前に「Yahoo!防災速報」アプリのガイドに従い、ユーザーの自宅や周辺環境、世帯構成などを入力することで、災害警戒時にユーザー自身で設定した防災行動開始のタイミングとともにプッシュ通知が届くため、計画的な防災行動に役立つとしています。

Yahoo! JAPANと親会社のZホールディングス株式会社(ZHD)は、防災領域において平時から復旧・復興まで支援をワンストップで提供していくとしており、今回の機能はその第一歩として、災害を自分ごと化するための支援として提供が開始されました。平時から災害警戒時にむけて活用してもらい、「災害からの逃げ遅れ」を防ぐことを目的としているといいます。

また、ZHDとYahoo! JAPANは、グループ企業のLINE株式会社とともに、「LINE」上での「防災タイムライン」の提供や、対象とする災害種類の追加、復旧・復興期における支援サービスの開発を進め、引き続き「あらゆる災害の、あらゆるシーンで一人でも多くの命が助かる未来」を目指していくとしています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,394フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事