テレビ東京グループ、エー・ティー・エックスを完全子会社化…アニメビジネスを機動的に展開

株式会社テレビ東京ホールディングスは、アニメ専門のCS放送「AT-X」を運営する株式会社エー・ティー・エックスを完全子会社化したことを発表しました。

今回、完全子会社である株式会社テレビ東京株式会社テレビ東京メディアネットを通じて保有していたエー・ティー・エックスの株式52.58%に加え、テレビ東京がグループ外の企業が持つ全てのエー・ティー・エックス株を追加取得。テレビ東京ホールディングスはこれにより、実質的に100%の株式を保有することになります。

エー・ティー・エックスの株主構成

同社はエー・ティー・エックスについて、これまで主にコアなアニメファンに支えられてきたと紹介。今後はそうしたファンを大事にしながら、人的リソースの活用を含めテレビ東京と緊密に連携することにより、イベントや商品化など多角的なアニメビジネスをスピーディーに進めていくとしています。

テレビ東京グループはこの施策により、配信の台頭など世界的にアニメ業界が変革する中、成長戦略の柱であるアニメビジネスを機動的に展開できるようになるとのことです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,395フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

関連記事