Sitecore、AI搭載のデジタル検索プラットフォームを提供するReflektionを買収・・・検索体験の向上でオンライン体験をサポート

デジタル体験管理ソフトウェアを手掛けるSitecore(サイトコア)は、米国カリフォルニア州サンマテオを拠点とするReflektion(リフレクション)の買収を発表しました。

米国に本拠地を置くSitecoreは、企業のデジタルコンテンツ運営、デジタルマーケティング、eコマースなどの活動を支援するプラットフォームを提供しています。

Reflektionは、Eコマースと小売業向けのAI搭載のプラットフォームを提供する企業です。顧客の行動を詳細に理解し、人工知能を活用して顧客の興味関心や意図を把握、プレビューやサイト検索、商品のお勧め、カテゴリーやランディングページ、Eメールなどのタッチポイントにおいて、最も関連性の高いコンテンツや商品をリアルタイムに表示することで、顧客ニーズにきめ細かく対応するといいます。

Sitecoreは、93%のオンライン体験は検索から始まり、検索は顧客の購買行動に不可欠な要素である一方、従来の検索機能は、消費者が処理不能な量の情報を提示し、適切な商品を発見・検討することを妨げる原因になっていたと指摘。Sitecoreは今回の買収により2つのプラットフォームを統合することで、この課題を解決し、Reflektionの機能をデジタル体験プラットフォームの強化に活用していくとのことです。

2,772ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,389フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事