ADK MS、テレビCMキャンペーンの到達状況を予測する「TV-Navi Advance」の運用を開始

株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ(ADK MS)は、独自のテレビCM到達状況予測システム「TV-Navi Advance」の運用を開始しました。

「TV-Navi Advance」は、テレビ番組・スポットCMキャンペーンの到達状況(リーチ・フリークエンシー) を予測するシステム「TV-Navi」の機能を強化し、新たに運用するサービスです。アドバンスト・ターゲット(生活者の意識・価値観・購入履歴などを元に定義されるターゲット)への効率的なテレビCM出稿をサポートし、マーケティング目標に沿ったテレビCMの費用対効果向上に貢献するとしています。

アドバンスト・ターゲットでのCM到達状況シミュレーション イメージ図

ADK MSが実施する大規模生活者調査「ADK生活者総合調査」のデータと、株式会社インテージが保有する生活者ログデータ「i-SSPR」「SCIR」を採用。これまでの性年代別ターゲットに加えて、アドバンスト・ターゲットを定義することができ、アドバンスト・ターゲットの個別番組・時間帯での視聴状況分析を提供するだけでなく、テレビCMキャンペーン全体でのリーチ・フリークエンシーの予測も提供することが可能です。

アドバンスト・ターゲットでのシミュレーション機能により、「リーチが最も高まる提供番組の組み合わせ」「同じ予算で最もリーチを獲得できるスポット投下GRPの局配分」「番組CMとスポットCMを統合したキャンペーン全体のリーチ・フリークエンシーを効率化」といった課題について、商品・サービスと親和性の高い見込み客を想定して評価することができるとのことです。

デジタル&データドリブン系を専門領域とする事業ブランド「ADK CONNECT」を運営するADKグループでは、「ADK CONNECT」で体系化した複数のコアソリューションを提唱しています。そのうちの一つである「メディアインベストマネジメント」は、メディア投資対効果を最大化するための統合的なプランニング・運用を行っており、「TV-Navi Advance」ではそのソリューション力が一層強化されます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,397フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

関連記事