デジタル視聴者数、月間ではYahoo Japanが最多で8,592万人・・・ニールセンのデジタルコンテンツ視聴率レポート

ニールセン デジタル株式会社が、ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)のMonthly Totalレポートをもとに、7月のトータルデジタル視聴者数上位10サービスの視聴状況を発表しました。

ニールセンのデジタルコンテンツ視聴率は、デジタル媒体の全コンテンツをPC、モバイル、タブレット、OTTなどすべてのデバイスを横断して計測したものです。

デジタルで最も視聴者数が多かったのはYahoo Japanで8,592万人

2021年7月のMonthly Totalレポートによると、PCとモバイルの重複を除いて、トータルデジタルで最も視聴者数が多かったのはYahoo Japanでした。8,592万人が月にひとり平均303回利用したことになり、GRP(延べ視聴率)は20,906%でした。

一方、GRPが最も高かったデジタルコンテンツはYouTubeで、6,940万人が月にひとり平均717回利用したことになり、40,043%と最も高いことがわかりました。

リーチが最も高いのは18~34歳ではGoogle、35~49歳と50歳以上ではYahoo Japan

視聴者数Top 5サービスのリーチを年代別に見たところ、18~34歳ではGoogleのリーチが95.5%で最も高く、35~49歳と50歳以上ではYahoo Japanのリーチが92.9%と63.6%で、最も高いことがわかりました。

YouTubeの公式チャンネルでGRPが最も高いのは「UUUM NETWORK」で1,624%

YouTubeに絞ってYouTube上の公式チャンネルの利用状況を見たところ、「UUUM NETWORK」のGRPが1,624%で最も高く、2位以下を引き離す結果となりました。次いでGRPが高かったのは、「Universal Music Group」を始めとするエンターテイメントや音楽サービスの公式チャンネルでした。

今回の調査の結果、利用者層や利用状況によってサービスごとの特徴が異なること、また、同じ媒体の中でもチャンネルによって利用状況が異なることがわかりました。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,433フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger