Crevo、動画を軸に経営課題を解決する「Crevo+」の提供を開始

Crevo株式会社は、動画を軸にクライアントの経営課題を解決に導き、事業成長を支援するサービス「Crevo+(クレボプラス)」の提供を開始したことを発表しました。

「Crevo+」は、臨場感のあるリアリティ、豊富な情報量、多様な利用シーンといった動画が本来持つ価値を最大化させるノウハウをもとにソリューションを提供し、さまざまな課題を解決に導いていくサービスです。

Crevoによれば、スマートフォンの普及、5G、動画配信サービスの充実、動画共有プラットフォームの一般化、そしてコロナ禍など、環境が大きく変化。これまで多くを占めていた広告・販促への動画活用に加え、営業、人材育成、インナーコミュニケーションといった各事業領域のDX化で動画活用が加速するなど、企業が動画を活用シーンが増加し、動画の重要性が増していると分析しています。

「Crevo+」では、本質的な事業課題を抽出し、解決までの道のりを見つけ、事業や商品をスケールさせていくため、ヒアリングの段階だけでなく、すべてのプロセスで戦略的思考をベースに質の高いクリエイティブを表現。動画+αのコミュニケーションであらゆる経営課題を解決していくとのことです。

また、質の良い結果への最適経路のため、その道に精通したクリエイターをはじめ、パートナー企業とタッグを組んでサポート。質の良い結果にこだわり、最適な戦略と経路を打ちだすことで事業が抱える課題を解決し、ゴールを目指すとしています。

「Crevo+」事業支援一例

新規DX事業でのクリエイティブフルサポート
事業課題の動画ブランディングによる解決
新規動画メディア立ち上げサポートと動画制作
サイトも含めたコミュニケーション全体のコンテンツ体験設計
TVCM放映、パブ設計、TVCM制作のフルパッケージ
インサイト調査分析を活用したデータドリブン型TVCM制作
表現調査を活用した表現開発パッケージ

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,430フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事