SBIホールディングスがスマートアプリを子会社化、「SBINFT」へ社名変更・・・NFTマーケット「nanakusa」は「SBI NFT Market」へ一新

SBIホールディングス株式会社は、NFT事業を展開する株式会社スマートアプリを連結子会社化したことを発表しました。またこれに合わせて、社名をSBINFT株式会社に変更しています。

株式会社スマートアプリは、NFTの発行・販売や顧客が保有するNFTの二次販売取引をブロックチェーン上で全て実現する統合型NFT売買プラットフォーム事業を手掛けています。

同社グループは既に、暗号資産交換業者であるSBI VCトレード株式会社TaoTao株式会社で暗号資産の取引所サービスを、またSBIアートオークション株式会社で現代美術などの美術品オークションサービスを展開しているほか、昨年からSBI e-Sports株式会社の設立を通じてeスポーツ事業へ参入しています。取引所、アート、eスポーツ等との親和性が高く、かねてからNFT事業への参入検討を進めてきたことから、今回の連結子会社化と社名変更に至ったとしています。

また、スマートアプリが提供する日本初のクリプトアーティスト登録制によるNFTマーケットプレイス「nanakusa」は、今回の子会社・社名変更に伴い、「SBI NFT Market」へサービス名称を変更することを発表しました。

なお、SBINFT株式会社は、ブロックチェーンとNFTを活用し、アート作品の信頼性と真正性を担保するためのインフラを構築するスタートバーン株式会社と業務提携したことも併せて発表しています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,429フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事