Snap、次世代のAR体験を開発するクリエイティブスタジオ「Arcadia」法人向けサービスを開始

スマートフォン向けの写真共有ソーシャルアプリ「Snapchat(スナップチャット)」を運営する米Snapは、クリエイティブスタジオ「Arcadia(アルカディア)」のローンチを発表しました。

「Arcadia」は、SnapにてモバイルAR広告を開拓した専門家チームが次世代のAR体験を開発し、より大きなAR創造のエコシステムのための技術革新をリードするクリエイティブスタジオです。戦略、インサイトに関するあらゆるニーズに対応し、ワークショップやインサイト、トレンド報告という形でAR戦略に関する専門知識を法人向けに提供するとのことです。

プラットフォームとなるアプリを横断したAR体験を開発し、ブランドや企業、クリエイターと提携します。なお、現在の時点で、P&G Beauty、Verizon、WWE、Shake Shackなどとの提携が確立しています。今後、ミレニアル世代やZ世代の利用者をターゲットに、ITインフラとして定着させることを目指します。

Snapchatでは、2015年にAR(拡張現実)レンズをローンチ。また、Snapchatを使用してのARショッピングを進化させてきました。Arcadiaをローンチすることで、デジタルマーケティングでのクリエイティビティとパフォーマンスの限界を真に押し広げるフォーマットとして、AR市場でのSnapの役割を強固なものにしていくとしています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,449フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【12月3日更新】メディア領域におけるブロックチェーンに関する記事まとめ

ブロックチェーンは分散型台帳技術とも呼ばれ、取引...

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger