TikTokが広告効果を高めるクリエイター活用方法を公開…TikTokクリエイター起用広告動画はCVRが約140%

TikTok For Businessは、TikTok運用型広告でクリエイターを起用する際に広告効果を高めるポイントをまとめた「TikTok運用型広告クリエイティブTips ~クリエイター編~」を公開しました。

「TikTok運用型広告クリエイティブTips」は、TORIHADANateeスターミュージック・エンタテインメントが運営するStar Creationの協力のもと、過去にクリエイターを起用したTikTok運用型広告の実績を比較調査・分析した結果をもとに公開。同一商品にて、クリエイターを起用した広告とクリエイターを起用していない広告を分析し、パフォーマンスの高いクリエイティブの特徴を紹介しています。

調査対象は、条件に合致した計166素材のTikTok運用型広告(クリエイター起用なし56%、クリエイター起用あり44%)。まず、TikTokクリエイターを起用した広告動画と起用していない広告動画を比較したところ、広告動画にTikTokクリエイターを起用した場合にCVRが約140%、6秒視聴率が約124%となり、クリエイターを広告動画に起用した方が効果的だと言える結果になりました。

クリエイターを起用するにあたり、より効果的なクリエイティブを調査。その結果、クリエイターがユーザーに向けて話しかけているような広告は、CVRが話しかけない広告に比べ約157%、6秒視聴率が約119%と高くなりました。

TikTokのUGC(User Generated Content/ユーザー生成コンテンツ)のようなオーガニック投稿に即したテキストがある動画は、テキストが入っていなかったり、デフォルトではないフォントを使っている動画(文字が動くなど)に比べ、CVRが約141%、6秒視聴率が約129%になっています。

クリエイターを起用した広告と起用していない広告を比べると、一本あたりの連続出稿日数がクリエイターを起用した広告は約152%と長くなりました。

TikTokでは広告であってもユーザーが違和感なく、自然な流れで視聴できるクリエイティブはより高い効果を発揮していました。このことから、クリエーターが重要な役割を果たしていることがわかる、と結論づけています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,451フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger