SMNのDSP「Logicad」がCookieレス対応機能「コンテンツマッチ」をリリース

SMN株式会社は、同社が提供するDSP「Logicad」において、Cookie規制への対策として「コンテンツマッチ」機能をリリースしました。

グーグルはChromeでの3rd Party Cookieサポート終了を2023年に延期することを発表。Cookieレス後の準備を進める広告主やベンダーは多く、Cookieレスに対応する機能や情報は求められています。

「Logicad」の「コンテンツマッチ」は、指定キーワードを元に訴求内容とマッチしたコンテンツのみへの配信が可能な面指定機能で、ユーザーの行動を邪魔することなく、ページを閲覧しているベストタイミングを捉えることが可能です。Cookieレスを意識した面情報活用の配信と効果検証を「Logicad」で行うことができるほか、有償でIASとMomentumのブランドセーフティ機能を併用した配信により、ブランドセーフティを意識した配信もできます。

そのほか、「Logicad」独自のキーワードレポート提供によるPDCAサイクルの実現、成果報酬型DSP「VALIS-CPX」での利用、「Logicad」の機能「ビュースルーサーチ」や「ユーザー分析レポート」を踏まえた計測やユーザー検証(無償)などを特徴としています。

同社が「コンテンツマッチ」の実証実験を実施したところ、既存のユーザー指定配信では捉えきれなかった有望ユーザーにリーチすることができ、獲得件数の増加に貢献した結果となったとしています(図1)。

(実証実験概要)
・配信期間 :1ヶ月
・KPI :CPA目標
・配信メニュー:コンテンツマッチ/VALIS拡張

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,448フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【12月3日更新】メディア領域におけるブロックチェーンに関する記事まとめ

ブロックチェーンは分散型台帳技術とも呼ばれ、取引...
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger