カカオジャパンが欧州子会社設立・・・フランス起点にウェブトゥーン事業展開

株式会社カカオジャパンが欧州でウェブトーン事業を展開することになりました。11月11日に「カカオピッコマ」に社名変更し、日本だけでなく欧州なども含むカカオグループのグローバル戦略の一翼を担う会社となります。

同社は9月に、欧州法人「ピッコマヨーロッパ」を設立済みとのことです。年内にフランスで「ピッコマ」のサービスを開始する予定。フランスの現地漫画のデジタル化(ウェブトゥーン化)などを進め、欧州でのWebtoonビジネスを開拓する方針です。

欧州進出の理由について、発表資料の中でカカオジャパンの金代表は「欧州のマンガ市場でも最近デジタル化が進みはじめている。フランスはヨーロッパのコンテンツ市場の中心地で、全世界のプラットフォーム企業の注目を集めている。日本でピッコマをアプリを発売、成功させた経験と積み重ねてきたノウハウをもとに、フランス市場でもピッコマのビジネスモデルを定着させ、デジタルコミックの総合プラットフォームに育てていくとともに、カカオグループのグローバル進出の土台を築いていく」と説明しています。

カカオジャパンは、今年に入って東京に制作子会社「シェルパ(SHERPA)スタジオ」を設立。また、ソウルにも同様の制作会社「スタジオワンピック」設けています。独自スタジオを通じてWebtoonオリジナルコンテンツの制作力を強化しています。

なお、調査会社App Annieの調査でピッコマは、2020年7月以降、日本国内のマンガアプリサービスの(App Store(ブックカテゴリ)とGooglePlay(コミックカテゴリ)の合計)売上ランキング1位を確保し続けています。10月1日に累計ダウンロード数3000万件を突破したばかりです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-7.png

11月4日に発表したグループの第3四半期決算資料によると、ピッコマアプリの第3四半期の売上は前年同期比63%増の1171億ウォン(約110億円)です。20年の売上は日本円で約370億円ですが、現地の毎日経済新聞などは、ピッコマジャパンの売上がすでに500億円を突破していると報じています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-8-1024x723.png

また、5月には、Anchor Equity Partners (Asia) Limitedから、合計約600億円の資金調達をおこなうことも発表しています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,448フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【12月3日更新】メディア領域におけるブロックチェーンに関する記事まとめ

ブロックチェーンは分散型台帳技術とも呼ばれ、取引...
堀 鉄彦
1986年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社。 日経イベント、日経パソコン、日経ネットナビなどの雑誌編集を経験後、独立し、2018年4月に(株)ブロックチェーンハブに参画。グループ内に(株)コンテンツジャパンを立ち上げる。ブロックチェーン×コンテンツのプロジェクトに取り組む。2019年10月にビヨンドブロックチェーン(株)の取締役に就任。電子出版制作・流通協議会や電子書籍を考える出版社の会など複数のメディア系業界団体でデジタル系サービスの動向レクチャーを定期的に行っています

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger