「集英社 XR」が発足…「ポケモンGO」の米Nianticと提携し、グローバル展開も視野に

株式会社集英社は、XR事業開発課を社内に新設し、XR事業「集英社 XR」を2021年11月よりスタートしたことを発表しました。

「集英社 XR」は、総合出版社として社内のメディア全般をXR(超越現実)化していくこと、XRを軸とした新たなパートナーシップを元にビジネスモデルの変革を行うこと、自社による投資としてXRシステムを構築・運用することを目指すものです。

XR事業では、これまでのAR・VRだけではなく、5G以降の未来のインターネット社会でのXR体験の提供を目指し、XRテクノロジーを用いてこれまでの出版事業を力強く下支えしつつ、立体的で躍動感のある新たなメディア展開を行っていくとしています。

同社はこれらの実現のため、新たなテクノロジーを活用した新規事業を創出してきた株式会社ティーアンドエスと業務提携することを決定。ティーアンドエスとともに事業企画をはじめクリエイティブ制作、サービス企画、システム開発、プロモーション、先端技術でのR&D等において、集英社 XRチームとして取り組んでいきます。

また、アプリケーションを開発・提供するAR(拡張現実)の企業であるNiantic,Inc.と、AR開発者キットである「Niantic Lightship ARDK」に関するパートナーシップ契約を締結。これらの先進的なAR技術、地球規模でのインフラを活用することで集英社 XRは、日本をはじめ、グローバル規模での展開も視野に入れているとのことです。

集英社 XRが「Niantic Lightship ARDK」を活用して開発したデモアプリの動画

「集英社 XR」のコラボレーション

集英社 XRのプロジェクトは、社内だけでなく、様々な企業とも新しい体験やサービスを創造することを目指しており、これまでの取引先に加え、各産業の企業と積極的にパートナーシップを締結するとしています。

「Niantic Lightship ARDK」とは

「Ingress」「Pokemon GO」「Pikmin Bloom」などのタイトルを支えているよりリッチなAR体験を実現するツールセット。Nianticが地球規模のAR体験の業界標準ツールとして、開発・提供しています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,449フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【12月3日更新】メディア領域におけるブロックチェーンに関する記事まとめ

ブロックチェーンは分散型台帳技術とも呼ばれ、取引...

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger