ドコモ、バーチャルイベント運営のHIKKYへ65億円を出資・・・XR戦略実現に向け

株式会社NTTドコモが、XR領域での事業拡大のため、世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット」を運営する株式会社HIKKYとの資本・業務提携したことを発表しました。本提携により、ドコモはHIKKY社に対し65億円の出資を実施しました。

XRとは、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)といった先端技術の総称です。ドコモは、XRを新たな生活インフラ「ポストスマホ」としてシームレスに利用される世界を実現すべく、メタバース空間(VR)とリアル空間(AR・MR)双方の事業を推進しています。

HIKKY社は、「最も魅力的なバーチャル世界とアクセスを提供する」をコンセプトに、WEBブラウザ上で動くVRコンテンツ開発エンジン「Vket Cloud(ブイケット クラウド)」のサービス展開や、世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット」の主催など、多くのパートナー企業のバーチャル展開を手掛ける企業です。

今回の提携により、ドコモはHIKKY社に対し65億円を出資。HIKKY社が持つ高いコンテンツ制作力とXR技術をドコモのXR関連事業と連携することで、より顧客満足度の高いサービスを提供します。

また、両社共同で営業体制を構築し、パートナーからの受注を促進するとともに、HIKKY社の運営事業とドコモのXR関連事業の連携を深め、双方のサービス基盤を最大限に活用し、双方サービスの普及を目指すとのことです。

ドコモは、イノベーションにより新たな生活価値やライフスタイルを生み出し、社会を大きく変えていきたいという想いからブランドスローガンを「あなたと世界を変えていく。」に一新。株式会社NTTドコモ執行役員ビジネスクリエーション部長の三ケ尻哲也氏は、今回の提携について「ドコモのXR事業をさらに拡大、進化させ、リアルとデジタルがシームレスにつながる様々な体験を提供し、ともに『世界を変えていく。』ことができるよう努めてまいります」と述べています。

また、株式会社HIKKYのCEO舟越靖氏は、「今後は、ドコモとNTTグループ各社の、通信インフラを始めとした様々な技術、研究機関、世界的なネットワーク等を活用させていただきながら、独自のメタバース事業をさらに加速させていきます。同時に、ドコモさまへは、弊社が強みとするXRにおけるサービスや技術、コンテンツ制作などの提供を行ってまいります」と述べています。

2,775ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,448フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger