B2Bコンテンツクリエイターを支援するプラットフォーム「Workweek」がローンチ・・・基本給や育休、起業時には支援金も

B2Bコンテンツクリエイターを支援するプラットフォーム「Workweek」が現地時間11月10日にローンチしたことを、米メディアのアクシオス(Axios)が報じました。同プラットフォームで執筆するライターやクリエイターに対して、給与だけでなく充実した福利厚生を提供し、企業からの独立を支援することを目的とするようです。

米メディア「The Hustle」の元幹部がローンチ

Workweekをローンチしたのは、メディア関連の起業家であり、米メディア「The Hustle」の元幹部であるAdam Ryan氏とBecca Sherman氏です。ローンチに伴い、次のような取り組みを実施しているとのことです。

LightShed Venturesを中心に150万ドル(約1億7,000万円)の資金を調達
・ブランドパートナーシップ責任者、運営責任者、コンテンツマネージャー、4名のクリエイターなど、これまでに10名の正社員を採用。今後数カ月のうちに、さらに25名を採用する予定
・ヘルスケア、大麻、マネー、金融技術など、さまざまな分野に詳しいクリエイターを起用
・米テキサス州のオースティンを拠点としているが、リモートで働く社員もいる。今後も定期的に新しいクリエイターを起用する予定

クリエイターが収益を得る仕組み

[MMS_Paywall]

クリエイターは給与に加え、ニュースレターの購読料をはじめ、将来的にはイベントやeコマースなど、複数事業からの収益の一部を得られるとのことです。そのほかにも、収益や福利厚生に関する次のような特徴があるとしています。

・クリエイターがニュースルームでフルタイムで働いているわけではないことを踏まえると、福利厚生が充実している。たとえば、25日の有給休暇、健康保険、出産後1年以内に取得できる120日の育児休暇、在宅勤務をする「ホームオフィス」に必要な年間500ドルの給付金などが与えられる
・クリエイターが自身の会社を立ち上げた場合には、その会社を支援することも約束している。従業員の教育のために年間1,000ドルを給付するほか、Workweekに3年間在籍したクリエイターが新たに立ち上げる会社に投資することを約束する

WorkweekをローンチしたRyan氏は、次のように述べています。

「従来、メディア企業に在籍する優秀なクリエイターは、ブランド価値やユーザー数の増加、ユーザー1人当たりの収益、その他多くのKPIを事業全体として向上させます。しかし、コンテンツチームはこれまで、最も予算の少ない部署の一つでした。このような価値観の不一致と、独立系クリエイター向けの新しいツールやサービスの登場により、クリエイターエコノミーのブームが起きていますが、その一方で、メディア企業が優秀なクリエイターを維持することは、かつてないほど難しくなって

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,466フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

ヘリテージが Pinterestに高品質の雑誌ビジュアルを提供開始

株式会社ヘリテージが、ビジュアル探索プラットフォ...

「MicroAd COMPASS」が「The Trade Desk」と提携 動画広告フォーマットの取引量を拡大へ

株式会社マイクロアドが運営する媒体社の広告収益化...

ChatGPTをリリースしたOpenAI、なぜ4兆円もの超高額な評価額がつくのか?

ChatGPTは、ユーザーからの問いかけに対して...

次世代SNSアプリ「TapNow」のサンゴテクノロジーズ、総額1億円の資金を調達

サンゴテクノロジーズ株式会社は、SBIインベスト...
Yuka Hirose
Yuka Hirose
ライター・翻訳者。大学で工学を学び精密機器メーカーで勤務ののち、2020年に独立。群馬県出身。

関連記事