ニューズ・コープが1Q業績を発表・・・「WSJ」のデジタル購読者が19%増で280万人に

11月4日(現地時間)、 「ウォール・ストリート・ジャーナル」を発行するダウ・ジョーンズを傘下に持つ米国のニューズ・コーポレーションは、 2022年第1四半期(7-9月)の業績を発表しました。同社CEOのロバート・トムソン氏は「2013年のニューズ・コーポレーションの再出発(21世紀フォックスと現ニューズ・コープへの分割)以来、最も収益性の高い四半期となった」と報告しています。

第1四半期の業績

同社の2022年第1四半期の売上高は25億ドル(前年同期比18%増)、調整後EBITDAは4億1000万ドル(前年同期比53%増)、純利益は2億6700万ドルでした。デジタル不動産サービス、ビデオサブスクリプション、ダウ・ジョーンズ、出版部門がそれぞれ業績に貢献しました。

ダウ・ジョーンズ、「WSJ」の成長と「IBD」の買収でデジタル購読者増

[MMS_Paywall]

傘下のダウ・ジョーンズの売上高は前年同期から5800万ドル(15%)増加し、4億4400万ドルとなりました。これは主に、発行部数および購読料収入の増加、5月に買収した「インベスターズ・ビジネス・デイリー(Investor’s Business Daily:IBD)」の貢献、および広告収入の増加によるものだとしています。

ダウ・ジョーンズの平均購読者数は前年比18%増の約460万人に達し、デジタルのみの購読者数は24%増加しています。この中には、買収した「IBD」の購読者12万8000人が含まれています。

同部門が発行する「ウォール・ストリート・ジャーナル」の総購読者数は前年同期比で13%増加し、今四半期の平均購読者数は350万人を超えました。また、同紙のデジタル版のみの購読者数は前年同期比19%増の280万人越えとなり、総購読者数の80%を占めています

購読者数の増加に伴い、広告収入は2000万ドル(29%)増加。このうち、デジタル広告は38%、印刷広告は17%増加しています。

ニュースメディア部門

ニュース・メディア部門の売上高は、前年同期比8900万ドル(18%)増加し、5億7600万ドルとなりました。これは、発行部数および購読料収入の増加、ならびに広告市場が前年の新型コロナウィルス関連の市場低迷から回復傾向にあることに加え、グーグル、フェイスブックとそれぞれ記事使用料に関する契約を結んだことによるライセンス収入が要因となっています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,466フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

ヘリテージが Pinterestに高品質の雑誌ビジュアルを提供開始

株式会社ヘリテージが、ビジュアル探索プラットフォ...

「MicroAd COMPASS」が「The Trade Desk」と提携 動画広告フォーマットの取引量を拡大へ

株式会社マイクロアドが運営する媒体社の広告収益化...

ChatGPTをリリースしたOpenAI、なぜ4兆円もの超高額な評価額がつくのか?

ChatGPTは、ユーザーからの問いかけに対して...

次世代SNSアプリ「TapNow」のサンゴテクノロジーズ、総額1億円の資金を調達

サンゴテクノロジーズ株式会社は、SBIインベスト...

関連記事