クリエイター収益化プラットフォーム「Patreon」が動画配信機能を開発中・・・YouTube依存を解決できるか

クリエイター向け収益化プラットフォームのPatreonが、独自の動画配信機能を開発中であることが、The Vergeによる取材で明らかになりました。

Patreonは、動画クリエイター、ポッドキャスター、ミュージシャン、ジャーナリストなど、さまざまなコンテンツクリエイターが持続的な収入を得ることをサポートするプラットフォームです。クリエイターがPatreon上で月額制サブスクリプションを提供することで、広告収入などの不安定な方法ではなく、ファンからの直接的な収入を得ることができ、自身の活動に専念できることを強みとしています。

独自機能で「脱YouTube」できるか

[MMS_Paywall]

Patreonではこれまで、画像やテキスト、ライブ配信などはサポートしていたものの、動画についてはYouTubeなどのプラットフォームへ動画を投稿し、その限定公開URLをシェアすることでしか提供できませんでした。今回、CEOのジャック・コンテ氏がThe Vergeの取材に対し、独自の動画配信機能を開発していることを明らかにしました。

コンテ氏は、以下のように述べています。

「Patreonはすでにポッドキャストをホストしていますが、今度はビデオもホストすることになりました。私たちはビデオ製品を作っています。私たちが構築しているものは水平方向のアーキテクチャであり、メディアやアップロードフォーマットを問わず、すべてのクリエイターが自分の作品を軸にビジネスを展開できるようにするものです。」

The Vergeによれば、製品の詳細や実装時期は明らかにされていません。

動画プラットフォームとしてのYouTubeの地位は確立されており、多くの動画クリエイターがYouTubeを利用しています。Patreon内で完結する動画配信機能が提供開始されれば、YouTubeへの依存を減らし、ますます独立したプラットフォームとして存在感を増すことができるでしょう。

ポッドキャストシリーズを開始

コンテ氏は無料のポッドキャストシリーズ「The Creator Economy」を開始したことも発表しました。この番組では、Patreon同様にクリエイターに活動の場を提供しているRedditの創業者らにインタビューを行っています。

コンテ氏は、「クリエイターエコノミーを構築している、最も素晴らしく、先進的で、好奇心旺盛な人々をPatreonに引き込みたいと思っています。そして、私たちがこの世界をどう考え、ビジョンとして何を描き、何を築き、何を信じているのか、そして私たちが何者なのかを、そうした人々に聞いてもらいたいのです」と述べて

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,466フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

ヘリテージが Pinterestに高品質の雑誌ビジュアルを提供開始

株式会社ヘリテージが、ビジュアル探索プラットフォ...

「MicroAd COMPASS」が「The Trade Desk」と提携 動画広告フォーマットの取引量を拡大へ

株式会社マイクロアドが運営する媒体社の広告収益化...

ChatGPTをリリースしたOpenAI、なぜ4兆円もの超高額な評価額がつくのか?

ChatGPTは、ユーザーからの問いかけに対して...

次世代SNSアプリ「TapNow」のサンゴテクノロジーズ、総額1億円の資金を調達

サンゴテクノロジーズ株式会社は、SBIインベスト...

関連記事